「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

ピリ将INDEX 総目次・既発表記事一覧・リンク付き目次など

 

将棋ブログ 『 ピリ将 』  www.piri-girl.online

 

 

リギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

 

 Japanese Chess Training Method 50

  

 

INDEX

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

 

「3姉妹ピリ駒ちゃん」(制作:びわのたねさん)

 

 

最新記事は、右サイドからどうぞ!

>>>

最初のページなら、こちらから:

cixous5.hatenablog.com

本編のリンク付きの目次は、こちら:

cixous5.hatenablog.com

 ホームページも、あるよ:peraichi.com

 

 

 

 ま え が き    あなたには、まだまだ「可能性」が眠っている

 

 

 世は、空前の将棋ブーム。

 「将棋が強くなりたい」という方が今、急増しています。

 しかし、「初段」はアマチュアにとって、大きな夢であると同時に、大きな壁でもあります。そんな壁にぶつかりつつも、

 

 「将棋倶楽部24で初段になりたい!」

 「将棋ウォーズで初段になりたい!」

 「将棋ウォーズで二段になりたい!」

 「将棋ウォーズで三段になりたい!」

 

 こういう夢、藤井四段の言葉を借りれば「大志」を抱く方に、この将棋ブログ『ピリ将』は、まさにうってつけと言えましょう。

 

 連戦連敗、一度は将棋から離れるほど弱かった中年ヘボ棋士が、誰よりも苦杯をなめ、辛酸をなめたことを糧にして、一念発起、試行錯誤、悪戦苦闘、臥薪嘗胆、九転十起の末、ついに全国大会に出場した著者が、アマの目線から「上達のヒント」を惜しみなく提供させていただいています。掲載から1年以上が経つと、うれしいことに、このサイトのメソッドで強くなったという方も現れ始めました。

 

 戦法や技術の解説は、既にすぐれた棋書が多く出版されています。それらを無断で引用してブログで披露するのは、どれだけ人気を博したとしても著作権の侵害であり、問題だと考えます。棋書は各自でご購入いただき、棋士の先生方にしかるべき報酬が入るようにしてほしいと希望します。

 この将棋ブログ『ピリ将』では、基本として、市販の書籍では手薄になりがちな「将棋の勉強法、トレーニング法の体系化」を目指しています。スポーツの世界では考えられないような俗説、謬見に振り回される人が、将棋には多く、目も当てられないからです。

 ところが、この将棋ブログ『ピリ将』では、そんなことはありません。なぜなら、将棋を奥深いゲームであると同時に文化として捉えているからです。簡単な方法や言葉で、すぐに強くなれるとは考えていないからです。

 だから、焦らず、じっくり、腰を据えて、勉強法を煮つめていきました。

 その結果として、二大人気記事の「高速棋譜並べ」「世界一詳しい5手詰めの解説」が誕生したわけです。しかも、これらはあくまでも氷山の一角、果実の一つに過ぎません。肝心なことは氷山そのもの、果樹それ自体を勉強することではないでしょうか。

 なるほど、インターネット上には、無数の将棋サイト、将棋ブログがあります。それぞれに個性があり、持ち味があるので、大いに参照していただきたいと思います。

 けれども、それらを読んで、「うまく行かない」「しっくり来ない」という場合には、ぜひ『ピリ将』も参考にしてみてください。コーチングの理論を取り入れた本格的で体系的な記述が、きっとお役に立つことでしょう。

 「将棋が強いこと」と、「将棋を強くすること」には、大きな隔たりがある。この事実、この真実は、押さえておいてほしい1つの重要なポイントであると考えています。

 

 初めて訪れた方には、情報量が多すぎて「どこから見てよいか、わかりにくい」とおっしゃる方も、いらっしゃるかもしれません。大別すると、体系化された「本編」と、随筆風に記された「おまけ」の二部構成。

 この目次を見ながら、まずは「本編」(全122話 2016年07月26日~同10月31日)を通読されることを強くおすすめします初心者・初級者の方は、併せて「駒の動かし方」「初級者向けの記事」も増補したので、ご覧くださいませ。

 その後は、読者登録していただき、更新される度に、コツコツ読むことをおすすめします。読者登録すれば、更新の連絡が自動的に送られてきて、読み逃すことがなくなるので、非常に便利です。

 『ピリ将』だけで飽き足らなければ、『続ピリ将』の併読も、おすすめ。

 

 おかげさまで、好評のようです。「ありがとうございます。」

 皆様の棋力向上に少しでも役立つことができれば、幸いです。

 

                                 著   者 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20160902201205j:plain

 

【 目 次 概 要  overview 】

 

1)本編目次

2)既発表記事一覧(本編のみ)

 

本 編 目 次 (全122話 2016年07月26日~同10月31日)

 

はじめに

Ⅰ部 基礎メソッド

 1章 ノート論 2章 棋譜並べ論 3章 定跡論 

 4章 詰め将棋論 5章 終盤論

Ⅱ部 確率メソッド

 6章 次の一手論 7章 駒落ち論 8章 秒読み論

 9章 将棋ソフト論 10章 観戦論 11章 対局論

Ⅲ部 盤外メソッド

 12章 上達論 13章 心理論 14章 勝負論

 15章 人間論 

終章 ピリギゃルが将棋倶楽部24で初段になる50の方法

おわりに

付録

おまけ

 

→ようこそ、いらっしゃいました。本編とおまけがあります。

 とりあえず本編を全部読んで理解することが強くなる第一歩。

 

 

 

既発表記事一覧(本編)2016年07月26日~同10月31日

  

20160726 01 はじめに

20160726 02 七つ道具

20160726 03 我が棋歴

20160727~30 04~07 ノートの書き方(1)~(4)

20160731 08 継続は力なり

20160801 09 心を動かす

20160802 10 二者択一は選ぶな

20160803~12 11~20 棋譜並べ(1)~(10)

20160813~21 21~30 定跡(1)~(10)

20160822~31 31~40 詰め将棋(1)~(10)

20160901~10 41~50 終盤力(1)~(10)

20160911 51~55 次の一手(1)~(5)

20160916~20 56~61 駒落ち(1)~(5)(補遺)

20160921~25 62~67 秒読み(1)~(5)(補遺)

20160926~30 68~73 将棋ソフトの活用―スランプ脱出大作戦(1)~(5)(補遺)

20161001~05 74~82 観戦ーいかに潜るか(1)~(5)(補遺その1~4)

20161006~10 83~91 実戦―その徹底的な準備をめぐって(1)~(5)(補遺その1~4)

20161011~15 92~98 上達法―最強メソッドの確立(1)~(5)(補遺その1~2)

20161016~20 99~106 メンタル―柳のようにしなやかに(1)~(5)(補遺その1~3)

20161021~25 107~112 勝負の鬼になる―勝負×将来の方程式(1)~(5)(補遺)

20161026~30 113~118 棋士の前にひとりの人間として(1)~(5)(補遺)

20161031 119~120 最強初段になる50のメソッド(前)(後)

       121~122 おわりに(前)(後)

20161101~ 楽しいおまけが盛りだくさん♪(リンク付き目次参照)

さらにおまけのおまけもモリモリだくさん♪(目次なし)

読者登録していただき、日々チェックしていただければ、ありがたいです。

 

 

 

 

 

 

リンク集

リンク付き目次

ブログ内(本編・おまけ)

ブログ外

 

f:id:Shouldgo:20170303193616p:plain

 

ブログ内リンク付き目次(本編・おまけ)

はじめに

本編総目次 

おまけ目次

初級者

試し読み

質問

 

 囲みの中をクリックすれば、その記事まで飛ぶことができます。

 

▼はじめに

cixous5.hatenablog.com

 ▼本編総目次

cixous5.hatenablog.com

 ▼おまけ目次

cixous5.hatenablog.com

▼初心者 

www.piri-girl.online

 ▼初級者
cixous5.hatenablog.com

 

試し読み なら、このブログで圧倒的な人気を誇る記事を、どうぞ。

 ▼試し読み

・「詰め将棋 コツ」で検索すれば、トップページで出てきます!

・「5手詰め コツ」なら、トップページ第一行目に出てきます!
cixous5.hatenablog.com

 ▼質問

cixous5.hatenablog.com

 

 (C)このブログの記事は、すべてオリジナル記事です。

引用元を明らかにしない剽窃は、知的財産権の侵害なのでお控え下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ピリ将(ブログ外)へのリンク 

 続ピリ将

ホームページ

メールマガジン

 

 ▼続ピリ将

cixous1.hatenablog.com

 

 ▼ホームページ

peraichi.com

 ▼メールマガジン

 現在進行形なのは、このメルマガ。

www.mag2.com

 

 

以上、ピリ将をよろしくね(*^o^*)

 

ピリ将Project!!!【見取り図】 ピリ将セブンって、何じゃラホイ?

 

【ピリ将プロジェクト】のご紹介

f:id:Shouldgo:20161025191302p:plain


ようこそ、ピリ将へ!

ご訪問、ありがとうございます。
まず最初にピリ将の全体像を紹介しますね。

 

1234567

ピリ将は7つのメディアで多角展開。

このブログは、その中の1つに過ぎません。

ただし、このブログが最初だったので、原点であり、元祖です。

また、一番多くの方に読まれています。

 

 ブログ・メルマガ部門


1.将棋ブログ ピリ将 ★このブログです。
2.将棋ブログ 続ピリ将
3.将棋ブログ ピリ将工場
4.将棋メルマガ ピリ将 完全版

 

 ホームページ・イベント部門


5.ホームページ ピリ将.online
6.将棋イベント ピリ将オフ会

 

 書籍部門


7.棋書 ピリ将



現在、Aの最終段階へ向かっているところ。

その後、イベントや出版へ突入していきます。

 

以上が、全体の概要でした。

続いて、リンク付きで説明しなおしてみますね。

 

 

 

 

A ブログ・メルマガ部門

 

1.将棋ブログ ピリ将

「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法
http://www.piri-girl.online/

www.piri-girl.online


 対象は、だいたい上級者~低段者向けですが、どなたでも。

 

2.将棋ブログ 続ピリ将

 

続ピリ将 将棋で世界一になる!!! いやいやいやいやいやいやいやいや
http://www.piri-girl.work/
www.piri-girl.work

 

 対象は、だいたい低段者向けですが、どなたでも。

 

3.将棋ブログ ピリ将工場

 

http://cixous2.hatenablog.com/

 

 ピリ将の楽屋です。

 メルマガの編集ブログなので、原則非公開。
 購読ご希望の方は、ホームページのメールフォームからお申し込みください。

 他人より早くメルマガの下書きやオリジナル記事が読めるなどの特典があります。(無料)


4.将棋メルマガ ピリ将 完全版 

 

www.mag2.com


 まぐまぐ!さんから、創刊しました。

 『ピリ将の兵法』(毎週水曜日)

 これがこれからのイチオシになるでしょう。




B ホームページ・イベント部門



5.ホームページ ピリ将.online



ピリ将.online
xn--rdk1bu28r.online




6.将棋イベント ピリ将オフ会

 

 ホームページ参照

 直接指導のほうが、百倍早い!

 

ピリ将.online
xn--rdk1bu28r.online






C 書籍部門



7.棋書 ピリ将

 

 準備中

 

 これが最終目標。

 出版したら、プロジェクト完遂。

 あとは跡継ぎを決めて、拡大するのみ。

 

 でも、いまだ書肆決まらず。

 今、藤井ブームなので、声をかけてくれたらベストセラーなのになあ。

 目利きの出版社、編集者さん、興味があれば、ホムペから直接メールをください!



★ピリ将は、天才中学生棋士・藤井聡太六段を応援しています。



 

 

 

以上で、ピリ将の全体像の説明は終わりです。お疲れ様でした。

7種をうまく組み合わせて、棋力向上に努めていただければ幸いです。

 

※補足

twitterはじめました。

細島みろく(シュうぇッチマン)@jhimawari001

 

 

 


以上

【Pピリ将本編・再放送】二者択一は選ぶな!

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

    

  

総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 

メールマガジンは、毎週水曜日刊行!

www.mag2.com

 

直接指導は、ホームページからお申し込みください。

xn--rdk1bu28r.online

 

 

二者択一は選ぶな

   

 

ここらで、一般の方々のブログや質問板の言説を分析しようと思う。

 

「早く具体的なアドバイスを」と言われようが、急いては事をし損ずる、だ。

 

 

 

周知のとおり「どうすれば将棋が強くなるか?」という質問は非常に多い。

 

プロ棋士も、そのような質問に答えられなくて困っていると聞く。

 

 

 

そこで、この類いの質問に、なぜ答えられないかを答えよう。

 

 

 

「詰め将棋をやろう。」

 

たとえば、こういう模範解答があるとする。

 

 

 

しかし、こういうと、必ず次の反発が来るわけだ。

 

「詰め将棋」だけで、本当に強くなれるのか、と。

 

 

 

いわば、お約束の問答である。

 

「詰め将棋」を「定跡」などに置き換えても、パターンは同じこと。

 

 

 

「xだけで強くなりたい」という欲望まるだしに無自覚なのは、実に愚か。

 

 

 

ただし、愚かと言ったけれども、ここには人間の心理が透いても見える。

 

それを安易と一蹴するうちは、まだ人間通とは言えない。

 

 

 

「将棋で強くなるのは、非常に難しい」

 

「私は本当に強くなれるのか」

 

 

 

このような無意識の不安が「xだけで強く」という思考を招き寄せるのだ。

 

 

 

「詰将棋より必至をやった方がよいのか」

 

「実戦より定跡の勉強が大事なのか」

 

 

 

「xよりy」という言説も、「xだけ」と全く同じ心根から発している。

 

結局、1つだけにすがりたいという欲望がまるだしなのだから。

 

 

 

はっきり言おう。

 

二者択一は選ぶな、と。

 

 

 

「序盤の勉強を優先すべきか、終盤の勉強を優先すべきか。」

 

「どちらも優先せよ。」

 

 

 

「詰め将棋と必至、どっちをやるべきか。」

 

「どっちもやろう。」

 

 

 

「短手数の詰め将棋と、長手数の詰め将棋は、どちらが有効か。」

 

「どちらも有効。」

 

 

 

「早指しと長考、どっちが力つくの?」

 

「どっちも必要。」

 

 

 

「質と量、どちらが大事か。」

 

「両方、大事。」

 

 

 

「居飛車と振り飛車、どっちが勝てる?」

 

「両方、勉強しよう。」

 

 

 

「駒落ちは、不要?」

 

「平手も、駒落ちも、必要。」

 

 

 

以下、膨大につき、略。

 

ああ、すっきりした。(笑い)

 

 

 

将棋は一手しか指せないゲーム。

ゆえに、将棋指しは本能的に”決断”してしまうようだ。

 

学校のテストも同様で、答えが一つなもんだから、そういう思考回路の人間が育つ。

 

 

 

けれども、これはもはや”洗脳”に近い。

 

勉強法や人生の答えが、そもそも一つである道理がない。

ちょっと自分の頭で考えてみれば、容易にわかりそうなものである。

 

芸術や将棋のように深いものへのアプローチは、特にその傾向が強い。

 

 

 

「AかBか」と訊かれたら、論理的には四択に決まっている。

 

ア A

 

イ B

 

ウ both A and B(AとBの両方)

 

エ neither A nor B(AでもBでもない)

 

 

 

以上の四択である。

 

 

 

「一億円の指環と、三億円の指環、どっち買ってくれるの?」

 

「私シュうぇッチマンは羽生善治さんじゃないので、どっちも買えません。」

 

 

 

【本日のまとめ】

 

二者択一は選ぶな!

 

 Twitterは @jhimawari001 です。

 

 ホームページも、どうぞ!!!

 

xn--rdk1bu28r.online

 

【Pピリ将本編・再放送】心を動かす

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

    

  

総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 

メールマガジンは、毎週水曜日刊行!

www.mag2.com

 

直接指導は、ホームページからお申し込みください。

xn--rdk1bu28r.online

 

 

心を動かす

   

上達法を始めるにあたり、まずノートのことから筆を起こした。

よい習慣が、成長を促すことは明白だから、当然の初手に思える。

 

ところが、実はこれは次善手であった。

本当は、本日のテーマ「心を動かす」から始めるのが正着である。

 

まずは、この本を読み始めてみてほしい。

千住真理子『ヴァイオリニスト20の哲学』(2014、ヤマハミュージックメディア)

 

ヴァイオリニスト 20の哲学

ヴァイオリニスト 20の哲学

 

 

 

最初の章は「月を指す指」と題されている。

月がきれいだと言って月を指さしていたはずなのに、指に意識が行ってしまう。

 

音楽という感動を伝えることが音楽家の究極の目的であるはず。

にもかかわらず。

いつしかそれを表現する手段であるテクニックにとらわれてしまう。

 

これは龍樹菩薩『大智度論』に出てくる有名な「指月の喩」である。

だが、仏教以外にも広く応用できる教えであろう。

 

次に、おすすめなのが、この本。

依田依基『プロ棋士の思考術』(2008、PHP新書)

 

プロ棋士の思考術 大局観と判断力 (PHP新書)

プロ棋士の思考術 大局観と判断力 (PHP新書)

 

 

依田さんは、ご存知のとおり、プロ棋士と言っても、囲碁棋士である。

とはいえ、そもそも棋道とは、囲碁・将棋相通ずるものだから、参考になる。

 

特に「8つのK」には、いたく感銘を受けた。

ノートを新調するたびに、見返しに「8つのK」を揮毫するほどだ。

 

1つ目のKが「感動」で、2つ目が「繰り返し」である。

すでにこの時点で、私には稲妻が落ちてきた。

 

感動・繰り返し・根本から考える・工夫・

感謝・健康・根気・虚仮の一念

 

依田さんはいわゆる学校の秀才ではないからこそ、本質を衝いている。

この世の中、感動なしの惰性で反復する者のなんと多いことか!

 

失礼かもしれぬが、若い千住さんの演奏は、さほど私の琴線に触れなかった。

だが最近、千住さんの「別れの曲」を聴き、心臓を鷲摑みされ、魅了された。

 

本来、ショパンの「別れの曲」は、ピアノ曲だ。

しかし、そんな楽器の別などは通り越し、感動を直に届けてくれる名演だ。

 

別れの曲

別れの曲

 

 

残念ながら、囲碁の方面は、詳しく分からない。

が、依田九段の碁も、きっとものすごいものに違いないと確信している。

 

【本日のまとめ】

何ごとも、心を動かすところから出発しよう。

 

 

 Twitterは @jhimawari001 です。

 

 ホームページも、どうぞ!!!

 

xn--rdk1bu28r.online