「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

実戦詰将棋 蝮のと金【解答解説編】

級位者が段位者になるために必要な実戦詰将棋

タイトルは、「まむし」。

本日は、答え合わせ編。

 

まずは、問題図を再掲する。

 

f:id:Shouldgo:20171127105015p:plain

 

 

以下、ネタばれ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初手は、と金を使う手。

 

 ▲5一と

 

△同玉は頭金まで。よって、このと金を取れない。

ここが味噌。

 

 △3一玉

 

次の手が悩ましい。

豪快に▲3二飛成もあるところだが、際どすぎる。

(有段者は詰むや詰まざるや、お考えいただきたい。)

実戦は、

 

 ▲4一金

 

「金は止めに残せ」という格言はあるが、例外。

「寄せは俗手で」が勝率を上げる。

この場合、金は3二に落ちているので、残す必要は全くない。

「俺の駒は俺の駒、後手の駒も先手の駒。」

 

 △2二玉

 

端に逃がしてはならない。

 

 ▲3一角

 

銀ではない。「角なら端上に逃げられない」は、囲い崩しの必須手筋。

 

 △1二玉

 

ここで手に持つのは香車

 

 ▲1三香

 

後手は取るしかない。

 

 △同桂

 

退路を封鎖しておけば、あとは簡単。

 

 ▲3二飛成

 

実戦はここまで。

 

 △2二金

 

合駒が決まるわけはない。

 

 ▲2一銀

 

桂馬を跳ばせた効果で、11手詰み。

 

ポイントはいろいろあるが、やはり初手で、基本は頭金。

あとは俗手の金打ちからの角打ち。

この問題は、将棋が基本の連続だと実感できる。

級位者にとって大事な手筋がたくさん詰まった玉手箱。

わからなかった方は、感動して、繰り返し並べていただければ幸いである。