「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

強くなりたい初級者のためのハッピー・アドバイス(7) 序盤<終盤

愛称:ピリ将

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

強くなりたい初級者のためのハッピー・アドバイス(7)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

 

メールマガジンは、こちらから:

www.mag2.com

 

 

終盤力をチャージ!!!

 

質問を再掲する。

 

大きな質問    

Q2 最短で強くなる方法は?

中くらいの質問  

Q3 戦法は絞ったほうがよいか?

Q4 終盤を集中的に勉強すべきか?

Q6 戦法は何がベストか?

小さな質問

Q1 棋譜集は、何がよいか?

Q5 棋譜並べは併行すべきか?

Q7 定跡書、棋書は何がベストか? 

 

前回までは、戦法選択編だった。

今回からは、終盤勉強編だ。

Q4に答えていく。

 

結論から、言う。

終盤の勉強は、序盤より大事である。

なぜなら、序盤で有利になったとしても、終盤で逆転されたら意味がないから。

 

私シュうぇッチマン自身の苦い反省もある。

 

私シュうぇッチマンは、若いころ、序盤のエジソンだった。

序盤の研究量では、誰にも負けなかった。

当時は、まだ序盤の研究なんて、プロでもやらなかった時代だったのだ。

 

ところが、大きな転換が来る。

プロが序盤の研究をやるようになった。

アマも序盤の研究をやるようになった。

私シュうぇッチマンごときの研究は吹っ飛び、無に帰した。

残る地肌は、終盤力。

しかも、穴熊全盛時代の到来。

勝てた相手にも、勝てなくなった。

私シュうぇッチマンが将棋を辞めた理由である。

新しい時代に対応できなくなったのだ。

 

翻って、今日。

どんな時代がやって来ているのか。

 

「この道は、いつか来た道。」

ああ、そうだよ。

 

今は、大きな地殻変動が起きています。

しかも、かつての比ではない。

かつては羽生世代の台頭だった。

今はコンピュータの台頭だから、レベルが桁違いだ。

 

こんな時代に序盤の勉強をしても無意味。

日々刻々と更新され、書き換えられていく。

昨日、覚えた戦法なんて、今日、通用するかわからない。

 

もちろん、だからといって、序盤の勉強が不要だとは言わない。

私シュうぇッチマンも、序盤の勉強で勝ちを拾ったことも多い。

 

しかし、終盤力は裏切らない。

だから、終盤の勉強をやり過ぎるくらい、やろう。

 

初心者だから、3手詰め、5手詰めでよい。

こういう言説が多いが、間違っている。

 

その生ける証拠が、藤井聡太四段だ。

私シュうぇッチマンのメソッドは、藤井四段以前のメソッド。

しかし、藤井四段が現れてから、朝令暮改だ。

この機会に訂正とお詫びを。

とにかく終盤が大事。

詰め将棋が大事。

初心者、初級者のうちに、どれだけ終盤の勉強をするか。

これで99%、生涯勝率が決まる。

 

そういえば、最近、ようやく、実況動画なるものを見るようになった。

初級者の方にも、おすすめである。

初級者は、盤駒/脳内盤駒を使うのがぎこちないだろうから。

いい時代になったものである。

 

しかし、実況を聴いていて、思ったことがある。

私シュうぇッチマンのほうが、実況者より上だと思うことが多いのだ。

 

もちろん、実況者にもいろいろな方がいらっしゃる。

けれども、たいてい私シュうぇッチマンより格下か同格。

 

同格の場合も、短い時間での終盤力では私シュうぇッチマンの方が上。

今では終盤力で勝負するタイプに生まれ変わったようだ。

 

こんなに苦労するのは、馬鹿らしい。

初級者こそ、存分に終盤力を鍛えてほしい。

 

つまらないかもしれないし、苦しいかもしれない。

けれども、ここで鍛えた基礎力は、将棋のルールが変わらぬかぎり、一生もの。

ジャブジャブ、時間と労力を投資してほしい。

 

ちなみに、ここの読者さんのBさん。

3手詰め1万本ノックを自らに課している。

勉強のバランスが明らかに良くないのだけれども、終盤を鍛えているのがいい。

 

私シュうぇッチマンも、これに触発されて、5五将棋、1万局ノックに打ち込んだ。

その成果が、終盤力増強である。

1年前は三段で、15手詰めくらいを解いていた。

今では四段に定着し、20手台の詰め将棋も解けるようになった。

F四段とBさんに触発されたおかげである。

 

開花するのは、いつでもできる。

初級者にかぎらず、終盤力強化は、見習うべき姿勢だと思う。

 

中飛車の勉強以外は、これから解説する方法で、終盤力強化に打ち込もう。

 

 

(つづく)

 

 

 ホームページは、こちらから:

xn--rdk1bu28r.online