「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

強くなりたい初級者のためのハッピー・アドバイス(20) まとめ 完

愛称:ピリ将

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

強くなりたい初級者のためのハッピー・アドバイス(20)

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

 

まとめ

 

 いかがだっただろうか。

 

 凡庸だという方もいらっしゃるかもしれない。

 ヒントがあったと思う方もいらっしゃるだろう。

 初級者じゃないけれども役立った方もいれば、そうでない方もいる。

 少しでも、参考になれば、幸いとの気持ちで書いてきた。

 

 とはいうものの、見切り発車で、申し訳ない。

 ちゃんとした目次を作らず、つれづれなるままに書いてきた。

 

 その結果、案の定というか、予想以上というか、20回の長期連載。

 私シュうぇッチマンが初級者向けメソッドに悪戦苦闘している証拠。

 

 ただ、ベースとなるメソッドがあるので、ユニークな助言もできたと思う。

 初級者の方は、これを踏まえ、ピリ将の本編を併せ読んでみてほしい。

 他の勉強法も検索してみて、訊いてみたいことがあったら、訊いてください。 

 

 初級者の方にも、なんとか『ピリ将』を届けたいと前から切に願ってきた。

 今回、そのきっかけを与えてくれたdさんには、感謝したい。

 どんどん学んで、どんどん指して、どんどん強くなってほしい。

 応援している。

 

 将棋は、奥が深く、楽しい。

 困難も多いだろうが、前進してほしいと希う。

 「前進できぬ駒はない」という名言もある。

 私たちアマ棋士も「前進できぬ人はいない」と信じようではないか。

 

 最後に、質問に一括してお答えし、まとめとさせていただく。

 

大きな質問    

Q2 最短で強くなる方法は?

中くらいの質問  

Q3 戦法は絞ったほうがよいか?

Q4 終盤を集中的に勉強すべきか?

Q6 戦法は何がベストか?

小さな質問

Q1 棋譜集は、何がよいか?

Q5 棋譜並べは併行すべきか?

Q7 定跡書、棋書は何がベストか? 

 

 

A2 最短で強くなる方法は、好奇心を持つこと。

 そして、正しいメソッドで努力し続けること。

 具体的には、本編とハッピー・アドバイス(19)を参照すること。

A3 戦法はやはり絞ったほうがよい。

A4 終盤は集中的に勉強すべきである。

 序盤・中盤・終盤の中では終盤の勉強に最も多くのエフォートを割こう。

A6 戦法は中飛車がおすすめ。

 さらに絞り込むなら、最初はツノ銀中飛車がよい。

A1 棋譜集は、次のいずれかを推奨する。

 『谷川vs羽生100番勝負』『羽生VS森内百番指し』 

谷川vs羽生100番勝負―最高峰の激闘譜!

谷川vs羽生100番勝負―最高峰の激闘譜!

 

  

羽生VS森内百番指し

羽生VS森内百番指し

 

 

A5 棋譜並べは併行すべきである。

 ただし、詰将棋や定跡、実戦が最優先。

 初級者の、特に入り口の段階においては、補助的な位置づけになるだろう。

 

A7 定跡書、棋書を最小限に厳選するなら、上記以外には、下記のみ。

 棋譜集もあるので、これだけで十分、初段に到達する。

 

なんでも中飛車 将棋必勝シリーズ

なんでも中飛車 将棋必勝シリーズ

 

  

なんでも中飛車 (将棋必勝シリーズ)

なんでも中飛車 (将棋必勝シリーズ)

 

  

3手詰ハンドブック

3手詰ハンドブック

 

  

3手詰ハンドブック〈2〉

3手詰ハンドブック〈2〉

 

 

 もちろん、他の棋書もあるに越したことはない。

 この連載や、本編で触れた棋書のいくつかも手に取ってほしい。

 『将棋世界』や『将棋講座』といった雑誌の定期購読もおすすめだ。

 

 ただし、あれこれやるよりも、軸をしっかりさせることを忘れてはいけない。

 特に初級者の間は、そうだ。

 「これ」と決めた本は、繰り返して、完璧に理解し、身につけること。

 

 ちなみに、私シュうぇッチマン。

 先日、『なんでも中飛車』第2章と全く同じ端攻めを成功させて勝った。

 この本は、アマ強豪相手でも十分通用する。 

 オビに「有段者は読まないでください」と書いてあるが、本当だった。

 

 将棋は瞬発力が必要だが、それは普段の備えが行き届いていなければならない。

 ただし、急ぎすぎると、マイナスも出る。

 特に詰将棋の2手目や、定跡・棋譜の相手側から読む意識が薄いと、要注意。

 上達が年単位で遅れる。

 

 以上で、ハッピーアドバイスの連載を締めくくる。

 なお、このアドバイスは、未完成。

 いずれ更新したいので、逆に助言があれば、教えていただきたい。

 (コメント欄へどうぞ)

 

 上記の質問の別解をブログに掲載された場合もお知らせくださいませ。

 

 私シュうぇッチマン。

 どう倒立しても、初級者の気持ちが理解できないのが悲しい。

 (将棋倶楽部24で初段(実質三段)になれない人の気持ちなら理解できる。) 

 

 明日からは、気分を変えて、ガラッと新機軸を打ち出してみる。

 お楽しみに。 

 

 

ホームページは、こちら:

peraichi.com