「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

実戦詰将棋 挟み撃ち【解答解説編】

将棋ブログ

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

愛称:ピリ将

実戦詰将棋 挟み撃ち【解答解説編】 

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

  

実戦詰将棋 挟撃術【解答解説編】

 問題編は、こちらから。

 

cixous5.hatenablog.com

 

 問題図を再掲する。 

f:id:Shouldgo:20180124165905p:plain

  *以下、ネタばれ注意。

 

 局面は、△3六桂と形作りにきたところ。こちらは大駒三枚の攻めだし、持ち駒も豊富。つまり、必勝形なのだが、詰ませないと、事件。

 たしかに、現状は詰めろでない。△4八銀に▲同金なら、△同桂成(同角成)で詰む。しかし、▲3八玉と逃げたら、△2八角成▲4七玉と上部へ抜ける。

 とはいえ、金や飛を渡すと、△4八に銀ではなく金か飛車を打たれて詰む。要するに、キャンセル待ちというわけだ。将棋は、最後の最後まで、油断できない。

 というわけで、詰ましに行く。まずは、▲4一竜から入ろう。「終盤は駒の損得より速度」で、大駒を切らないことには、始まらない。ただし、▲2三角成は、△同玉で続かない。「玉は下段に落とせ」の格言もあり、▲4一竜の方が基本に忠実。▲4一竜のポイントは、もう一枚の飛車との連携で、△同金と取れないところ。だから、△同玉の一手。

 そこで、▲2三馬と挟撃体制を作る。△3一玉は、▲3二金でも▲4一金でも詰み。

 実戦は△3二桂と合駒を打ってきた。

 ここで、▲5一金の捨て駒(途中図)。妙手といえば妙手。私シュうぇッチマンのオリジナル格言「居玉にせよ」の手筋。守備駒の4二金の斜め後ろへ引っ張り出し、今度は飛車側へおびき寄せる。

f:id:Shouldgo:20180124173315p:plain

 後手は当然、△同玉。△3一玉は、▲4一金打以下の詰みである。具体的には、△同金▲同金△同玉▲3二馬△5一玉▲5二金まで。(こちらのほうが手数は長いので、△が最善を指す詰将棋としては、こちらの13手詰めが正解かも。)

 ▲6三桂と王手する。二段目の飛車がよく利いているので、この桂打ちが激痛。△6一玉は▲5一金までなので、△4一玉。

 こうしておいて、▲8一飛成と竜に変身。△5二玉で上部へ逃げられそうだが、大丈夫か?

 ▲7二竜と寄せれば、OK。寄せというのは、竜を寄せることと覚えよう。

 実戦は、ここで投了となった。

f:id:Shouldgo:20180124173128p:plain

 投了図以下は、△6二銀の合駒なら▲5一金まで。△4一玉の逃げも、▲6一竜で相利かずの詰み。 

 ▲4九竜 △同玉 ▲2三馬 △3二桂

 ▲5一金(途中図)△同玉 ▲6三桂 △4一玉

 ▲8一飛成 △5二玉 ▲7二竜 △4一玉

 ▲6一竜(投了図)までの13手詰み。

 実戦はわざとこう指したのだが*1、本当はもっと短い詰みがある。お気づきだろうか? 何でも鵜呑みにしてはいけないよ。*2

 ▲4九竜 △同玉 ▲2三馬 △3二桂

 ▲5一金(途中図)△同玉 ▲6二金 △4一玉

 ▲8一飛成 までの9手詰み。

  いずれにせよ、ポイントは、挟撃態勢づくり。大胆な竜切り、金の捨て駒、あるいは飛車を竜にし、近寄せていく指し方を、初級者には参考にしてほしい。上級者は、こういう詰みを一瞬で見抜く感覚を養っていただきたい。

 以上で、フェイント付きの解説を終了する。

 

追記:さらに、フェイントあり。コメント欄に指摘された別解というより、正解を下記にて解説した。併せて参照いただきたい。 

cixous5.hatenablog.com

 

 

 

 (広告)今度、イベントをするので、来てね。

cixous5.hatenablog.com

*1:最近、特殊な5五将棋の訓練のおかげ/せいで、あえて難しく考えるのが趣味。詰め将棋の逆で、できるだけ長い手数で詰ませるのがマイブーム。また、できれば金は残したいという側面もある。記事にしようという気持ちも少しだけあったかもしれない。

*2:『日経』の里見香奈加藤桃子戦の観戦記20180125に、鈴木九段の言葉に従順な加藤さんと、鵜呑みにしない里見さんの対比が書かれていて興味深かった。