「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

反動蹴速迅砲! あえて王手飛車を打たせて勝つ逆転術

将棋ブログ

ピリギゃルが将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

愛称:ピリ将

あえて王手飛車を打たせて勝つ逆転術

 

f:id:Shouldgo:20160902152037j:plain

  

あえて王手飛車を打たせて勝つ技術

 子供の頃、NHK杯の解説を食い入るように見ていた。

 解説の先生がおっしゃった。プロは王手飛車を打たされた方が負け、と。

 「?????????????????」

 意味が分からなかった。だって、学校では、王手飛車を打てば、1000%勝ちだったのだから。

 でも、カッコイイと思った。『キャプテン翼』肖俊光の反動蹴速迅砲や『YAWARA!』テレシコワの裏投げみたいだと感動した。*1

 当時の私シュうぇッチマンと同じ人もきっといることだろう。たまたま王手飛車を打たせて逆転した実戦があったので、解説してみたい。

f:id:Shouldgo:20180124182551p:plain

 ちょうど△5五角と王手飛車を打たせたところ。

 はっきり言って、後手が優勢。後手は穴熊で遠いし、金銀4枚で固めている。しかも、飛車を取った角が馬になり、自陣に利く。対する先手陣はバラバラで、端歩も突いていない。大差で「投了級」と考える読者がいても不思議でないだろう。

 しかし、諦めない。この王手飛車は、あえて打たせた勝負手なのだから。

  ▲3七銀△8八角成▲3八金△7九飛▲4二歩

 f:id:Shouldgo:20180124183157p:plain

 先ほどの局面と見比べて見てほしい。先手玉の囲いが、いつの間にか銀矢倉になっており、見違えた。駒損は痛いが、飛車を取らせている間の2手の手番を生かし、玉の堅さでポイントを稼いだ。さらに、「5三のと金に負けはなし」の格言通りのと金攻めが楽しみなので、どうにか接戦に持ち込めた。最後は非常に際どい白熱の終盤戦となったが、なんとかギリギリ制して、みごと逆転勝ちに成功することができた。

 「あえて王手飛車を打たせる」という勝負手が、こうして奏功することもある。

 

 

 (広告)これ以上は、秘密。

 もっと知りたいという人は、今度、イベントをするので、来てね。

cixous5.hatenablog.com

 

 

問 次の永世名人を記憶術を駆使して、覚えてみよう。 

 

 一世名人 大橋宗桂(初代)

二世名人 大橋宗古

三世名人 伊藤宗看(初代)

四世名人 大橋宗桂(五代)

五世名人 伊藤宗印(二代)

六世名人 大橋宗与(三代)

七世名人 伊藤宗看(三代)

八世名人 大橋宗桂(九代)

九世名人 大橋宗英(六代)

十世名人 伊藤宗看(六代)

十一世名人 伊藤宗印(八代)

十二世名人 小野五平

十三世名人 関根金次郎

十四世名人 木村義雄

十五世名人 大山康晴

十六世名人 中原誠

十七世名人 谷川浩司

十八世名人 森内俊之

十九世名人 羽生善治

 

*1:私シュうぇッチマンの子供時代には、まだ両者は登場していなかったので、明らかな記憶の捏造であるが、そんなことはどうでもよい。