「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

ポーカーフェイス入門(3) 定義を確認しよう。

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

 

ポーカーフェイスとは何なのか?

 

 「嘘をついてはいけない。」

 私シュうぇッチマンも、強くそう思う。

 

 外国人に日本人の嫌いなところを聞く。

 「ウソをつくところ」と返ってくる。

 

 だから、「嘘をつくな!」と言いたくなる気持ち自体は、よく分かる。

 日本は世界の中でも「ウソをついてはいけない」と教えない国。

 それだけ、嘘がはびこっているのだ。

 

 他方、前回確認したように、「ポーカーフェイス=嘘」という意識もある。

 もっというと、「ポーカーフェイス=嘘=悪」という図式。

 

 実は、この種の議論では、嘘の定義が重要になる。

 最大の問題点は、嘘の一言で指す領域が広すぎる点だ。

 

 まず、私たちは、普段、ウソをついているのか、いないのか?

 大胆なことを言おう。

 私たち日本人は全員、嘘つきである。

 しかも、大嘘つき。

 

  海外から見れば、ほぼ例外なく、嘘つきに分類される。

 まずこの事実を知っておいたほうがいい。

 「私だけは嘘つきではない。」

 こういう人こそが、そもそも嘘つきなのである。

 

 本音と建前。

 日本人論では、必ず出てくると言ってよいテーマ。

 このテーマを出せば、日本人が嘘つきだという意味がわかるだろう。

 

 そう。

 「建前」を「嘘」と呼べば、私たちは全員、嘘つきになってしまうのだ。

 

 もし「ポーカーフェイス=嘘=悪」なら「素フェイス=真実=善」だろう。

 しかし、本当に、そうだろうか?

 

 なんでも、幼児のように、純粋で、嘘がつけない社会人って、どう?

 実は、最近、このタイプの若手が増えてきている。

 「素であること=真実=善」という正解を植え付けられすぎているのだ。

 

 しかも、これがもう一つの阻害要因である「家族」と結びつく。

 

 「家族の前で、ポーカーフェイスできるか?」

 「プライベートな場で、本音を隠し通せるか?」

 「家族に嘘をつき、だまし続けて、良心が痛まないか?」

 

 多くの日本人は、できない。

 「親しき仲にも礼儀あり」「親しき中に垣をせよ」

 こういうことわざが通用しなくなったから。

 

 だから、ポーカーフェイスは不可能だろう。

 なぜなら、ポーカーフェイスとは、究極、「母親」の超克なのだから。

 

 ここで、昨今、話題の貴乃花親方について。

 よくわからないが、1つだけ評価できる点がある。

 

 それは彼がポーカーフェイスでも横綱だということ。

 なぜそうかというと、実の母親や日本相撲協会とも距離をとれるから。

 

 たしかに、報告義務を怠ったという批判は、ごもっとも。

 また、貴乃花部屋内がどうなのかも、よくは知らない。

 しかし、彼は余計なことも、あまり言わなかった。

 私シュうぇッチマンは、こういう状況をただちに嘘とか悪とか決めつけない。

 

 つまり、ポーカーフェイスとは、停止である。

 この判断や思考の「停止」を、あるいは、戦略的に導き出された「中断」や「立ち止まり」や「沈黙」や「緘黙」もことごとく「嘘」だと難ずるのなら、私シュうぇッチマンはあえて「『嘘』をつくべし」と断乎、力強く宣言し、「嘘」なるものを肯定しようと思う。

 

 「あなたの短所は何ですか?」

 

 こう面接で聞かれて、「短所はありません」と答えたら、嘘。

 だが、「短所は言いたくありません」と答えたら嘘とは言えない。

 

 私シュうぇッチマンは、後者を「ポーカーフェイス」と呼ぶ。

 

 「やばいな」「怖いな」「困ったな」

 こうした負の感情の表出を先送りすること。

 

 「うれしいな」「うきうきするな」「どきどきするな」

 こうした正の感情の表出も先送りすること。

 

 これが、ポーカーフェイスである。

 あとで、お手洗いにでも行って、勝手ににやけていればいい。

 居酒屋やカラオケ店にでも行って、勝手に発散すればいい。

 

 一喜一憂しないこと。

 石になること、山になること。

 

 真実にふるまおうとすれば、ポーカーフェイスは必須である。

 このことに気づくことなしには、トレーニングもへったくれもない。

 

 癌を宣告されたけれども、家族に言わないし、悟られない。

 こういう仮面も持っていないと、殺人級の罪を犯すことにもなる。

 

 素顔・素面だけで生きていける。

 こう考えている人は、人生経験が決定的に足りない人なのだろう。

 よほどおめでたい人と評さなければなるまい。

 

 ポーカーフェイスになる方法は、ただ1つ。

 厳しい世界に身を置くこと。

 

 戦国武将・伊達政宗は愛姫の前以外では、眠らなかったと伝えられている。

 

 藤井聡太くんがポーカーフェイスでない理由は、おそらくこうだ。

 1つは、まだ勝負の世界の厳しさを知らないから。(連戦連勝)

 もう1つは、今どきの若者だから。(平成14年生まれ)

 

 

▼ ホームページ開設

「ピリ将.online」で検索すれば、一発表示! 

peraichi.com