「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

ポーカーフェイス入門(補遺) 

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

 

元祖ポーカーフェイス

 

 「フルハウス」「ストレートフラッシュ」「ロイヤルストレートフラッシュ」

 ポーカーフェイスを語るなら、ポーカー自体についても語らねばなるまい。

 

 なぜ、ポーカーフェイスが要請されるのか。

 それは、負けてもカードを見せないというルールから。

 

 相手が降りたら、チップが回ってくる。

 つまり、手を見せて事実確認するのではないというのが味噌。

 

 だから、負けていても、素直に振る舞うことができない。

 さも、強そうな手札を持っているかのように振る舞う。

 これが、元祖ポーカーフェイス。

 

 ちなみに、舌を上顎へやればいいのですが、鏡で試しておこう。

 自然にやるのは、意外と難しいことに気づくはずだから。

 

 こういう場合は、事前のフェイクが大事になる。

 なんでもないときにも、舌を上顎へ。

 感情を出したくないときも、もちろん、舌を上顎。

 

 結果、私シュうぇッチマンは、ガムを噛んでいる人みたいになる。(笑い)

 

 ポーカーフェイスの必要性を依然、認めない人があるかもしれない。

 しかし、手持ちの札と、表情が一致しないがゆえの面白さというものはある。

 

 たとえば、0点の答案を持って満点取ったかのような顔をする。

 これこそが人間であり、0点は0点の表情、満点は満点の表情。

 これでは機械にすぎないではないか。

 名人はAIに奪われても、人間の表情まで奪われるわけにはいかない。

 

f:id:Shouldgo:20180205184420p:plainf:id:Shouldgo:20180205184420p:plainf:id:Shouldgo:20180205184420p:plain

 

 ただいま、三姉妹ピリ駒ちゃんも、舌を上顎へ。

 

 

▼ ホームページ開設

「ピリ将.online」で検索すれば、一発表示! 

「コラム」欄を新設しました。

peraichi.com