「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【端攻め特集】端の受け方・逆用の仕方(前編)

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

ホームページ、リニューアル!

xn--rdk1bu28r.online

 

 

端をめぐる攻防

 

 将棋は、端攻めを覚えると、世界が広がる。

 最初は分からなくてもいいので、えいっと突いてみよう。

 そのうち、分かるようになるから。

 

 ただし、攻めるだけでなく、受け方も知らないと、差が付く。

 端は難しいし、デリケートだから、いずれ、ちゃんと勉強しよう。

 

将棋・ひと目の端攻め (マイコミ将棋文庫SP)

将棋・ひと目の端攻め (マイコミ将棋文庫SP)

 

  

将棋連盟文庫 将棋 端攻め全集

将棋連盟文庫 将棋 端攻め全集

 

  

全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方 (マイナビ将棋BOOKS)

全戦型対応! 将棋・端の攻め方、受け方 (マイナビ将棋BOOKS)

 

  

プロの端攻めテクニック(将棋世界9月号付録)

プロの端攻めテクニック(将棋世界9月号付録)

 

 

 図1

f:id:Shouldgo:20180208190646p:plain

 

 上の図1をご覧ください。私シュうぇッチマンの実戦から。

 角換わりの駒組み段階から、格上の後手が端攻めを敢行してきた。

 

 こんな段階で、端攻めだけで手を作ることができるはずがない。これが、有段者の第一感というもの。というより、この局面は、実は私シュうぇッチマンの研究範囲。実戦経験もある。 

 とはいうものの、強い人は、こういう無理攻めを通してくるので、要注意。

 

図2

f:id:Shouldgo:20180208191101p:plain

 

 私シュうぇッチマンの次の一手は、▲8六角。せっかくの手持ちの角を、こんなぼんやりしたところに打つとは。

 しかし、多くの方が選ぶであろう▲同香、▲同桂は、危険。なぜかというと、▲同香なら△9八角があるから。▲8八金で受かるじゃん。いいえ、桂取りは受かるが、▲8七角成で青ざめる。強引に飛車先を突破されてしまうのだ。

 ▲同桂なら、△9五香と気持ちよく走られる。歩を取り返されたうえ、△9六歩や△9二飛などがあるし、桂馬を取った後に△9五桂もあり、癪の種。とにかく飛車先を突破しようという強い意志と思想を感じる端攻めである。

 たしかに、飛車先を突破できれば、先手の陣形は持たない格好。しかし、こちらにも用意はあって、それが今回の角打ちだった。相手は歩切れ。香走りを防ぎつつ、飛車先を保護。玉のコビンもケアし、機を見ては▲6四角と歩得も視野に入れている。渋い受けの一手であろう。

 しかし、相手は攻めっけ100%で道理は通じない。△3九角と、割り打ちの角で、さらに強引に局面を動かしに来た。

 

図3

f:id:Shouldgo:20180208192336p:plain

 

 飛車を渡すわけにはいかない。「飛車は必ず逃げよ。」これは関西で武者修行していたときに教わった格言。しかし、どこに逃げるのがベストだろうか。

 

図4

f:id:Shouldgo:20180208192548p:plain

 

 ▲2九飛と引いた。このタイプの将棋の1つの形と言える。飛車の横利きが通って、守備力が増す。金を取られたときに△同玉とすると、玉が戦場から遠ざかるメリットもある。金打ちの隙がないように気をつけさえすれば、つぶされることはないし、駒得が生きてくるというのが、この局面での大局観。

 

図5

f:id:Shouldgo:20180208192900p:plain

 

 相手はとにかく強引。角を切り飛ばして金を入手し、△9六金と露骨に打ち込んできた。角が逃げたら、もちろん、△8七金からの飛車先突破。方針が一貫しているといって褒めるべきか、前のめりすぎて頭が悪いといって貶すべきか。後者を選ぶなら、こちらの力量が試される。

 

図6

f:id:Shouldgo:20180208193251p:plain

 

 受ける青春。こちらも受け潰しの方針は一貫している。▲6八角打と惜しげもなく、2枚目の角も投入した。相手は2度、意表をつかれたに相違ない。私シュうぇッチマンの受けは、しばしば相手の意表をつく。しかし、理には適っている。なぜかというと、頂いた角なのだから、金と交換になっても損はないから。また、飛車や玉の位置がよくなった分、こちらが得だと主張している。*1(つづく)

 

 

 

 メールマガジンで、連勝記録を更新した人も出たよ。

www.mag2.com

 

*1:手持ちの金も大きい。この感覚は、ダイレクト向かい飛車の乱戦定跡に似ているかもしれない。