「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【初段を目指せ!】実戦 どちらが勝ちかな?(解答解説)詰めろ逃れの詰めろ逃れの詰めろ

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

 

実戦 詰めろ逃れの詰めろ逃れの詰めろ

 

 初級者にとって、「詰めろ逃れの詰めろ」は理解しにくいだろう。

 ごちゃごちゃ説明するよりも、実例を示したほうが早わかり。

 なので、図面多めにして、解説してみる。

 

 初段を目指す人にとっては、必須スキル。 

  詰将棋は、詰めろ逃れの詰めろをやるためにやるのだ。

 

 問題図を再掲する。

 

f:id:Shouldgo:20180216194233p:plain

 

 以下、ネタバレ注意。

 まず、後手玉だが、▲6二飛成(仮想図1)からの詰めろである。

 

仮想図1

f:id:Shouldgo:20180216210918p:plain

 

△同銀▲7二金打△9二玉▲8二金打(仮想図2)の5手詰め。

 

仮想図2

f:id:Shouldgo:20180216211018p:plain

 

金を入手して、金打ちまで。9三には角が利いている。そのための角上がりだった。実戦は私シュうぇッチマンの手番だったので、これで勝った。

 

 しかし、もしも後手の手番だったなら? というのが、今回の出題。

 正解は、△6八金(正解図)以下、詰めろ逃れの詰めろを放って、後手勝ち。

 

正解図

f:id:Shouldgo:20180216210845p:plain

 

 △6八金▲8八玉△7九竜(図1)▲9八玉

 ここまでは初級者にも早く見えるようになってほしい。

 

図1

f:id:Shouldgo:20180216211253p:plain

 

先手の角上がりは、実は詰めろ逃れの詰めろだったのだ。玉の逃げ道を作りつつ、相手玉に詰めろをかけている。この後、先手玉は詰まない。筋は△8七銀成から行きたいが、一枚足りない。ということは先手の勝ちかというと、将棋はそんなに単純ではない。ここで後手に妙手がある。

 

  △7五桂!(図2)

 

図2

f:id:Shouldgo:20180216211728p:plain

 

 これが詰めろ逃れの詰めろで、妙着だ。正確にいうと、詰めろ逃れの詰めろ逃れの詰めろ。角道を塞ぎ自玉の詰めろを消しつつ、先手玉に詰めろをかけている。先手は8七の地点を受けなければいけないし、ただなので▲同角は当然だが、そこで時間差攻撃、ワンテンポ遅れて△8七銀成(図3)とするのが、好着想。

 

図3

f:id:Shouldgo:20180216211937p:plain

 

 ▲同玉に△7五竜(投了図)で角を素抜いて詰めろを完全に消し、なおかつ詰めろ。

 

投了図

f:id:Shouldgo:20180216212045p:plain

 

 まさに詰めろ逃れの詰めろ逃れの詰めろが見事に決まった。竜が攻防に利き、存在感がパない。

 実戦でこんな華麗な順を決められていたら、立ち直れないところだった。反対に、こんな華麗な順を決めていたら、天にも昇る心地だろう。

 将棋の醍醐味は、詰めろ逃れの詰めろ逃れの詰めろ。初級者の方には難しかったかもしれないが、こんな手を指したいという憧れは持っていてほしい。いつか、きっと、できるから。

 それまでは、シコシコ、詰将棋に励もう。

 

 

▼ ホームページ開設

「ピリ将.online」で検索すれば、一発表示! 

「コラム」欄など、いろいろ新設しました。

peraichi.com