「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【初級者用】終盤 次の一手(解答解説) 詰みの基本は頭金

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

 

【初級者用】終盤 次の一手(解答解説)

 

 問題図を再掲する。

 

f:id:Shouldgo:20180226172252p:plain

 

 以下、ネタバレ注意。

 

 王手をしたら、合駒された。

 さあ、どうしよう?

 

 角取りなので、▲1一角成もあるところ。

 角を逃がしつつ、香車も手に入れられるから、悪くはない。

 けれども、これは少し長引く。

 

 考え方としては、こうだ。

 相手の駒台の上で大駒が遊んでいるうちに仕事がしたい。

 これが正しい大局観というもの。

 

 「終盤は駒の損得より速度。」

 違う。

 「終盤の理想は、駒の損得&速度。」

 

 ここでの正解は、2つある。

 1つは、▲4二同角成。

 以下、竜がいるので、後手は△同金とは取れない。

 というわけで、△4二同玉。 

 ここで▲4三歩が決め手。

 

 △4三同玉は▲4一竜と金を取りつつ、王手。

 玉が逃げたら、むろん玉を取りに行く。

 しかし、詰みが分からなければ、無理しなくてもいい。

 自陣の成銀を素抜いておこう。

 

 さりとて、△5一玉では詰んでしまう。

 先ほどの4三歩を拠点として、▲4一竜と竜を切る。

 むやみに切ってはいけないが、これは有名な形。

 そう、頭金だ。

 △4一同玉▲4二金までの即詰みがある。

 

 正解が2つあると言ったのは、初手▲4三歩もあるからだ。

 △4三同金は角が利いているので無効。

 △3三金と角を取るしかないが、そこで▲4一竜。

 先ほどと同じ筋だ。

 △4一同玉には▲4二金の頭金。

 

 つまり、以上のポイントは、3つ。

 

 1つは、頭金。

 大駒をむやみに切ってはいけない。

 頭金の一手詰めが見えているから、大駒切りが成立する。

 

 もう1つのポイントは、持ち歩。

 「一歩千金」、あるいは「一歩千金二歩厳禁」(橋本崇載八段)の格言もある。

 玉の2つ真上の歩は、歩であっても脅威。

 

 最後のポイントは、駒得。

 大駒を切る筋であっても、水面下では駒得も見込んでいる。

 ここが初級者と上級者の差となるところだ。

 

 終盤でも、形勢判断の三要素すべて満たすのが形だと覚えておこう。

 「駒得・効率(攻め・堅さ)・手番(速度)」全部よいのがベスト。

 

 

 

(お詫びと告知)

突然、休載にし、ご迷惑とご心配をおかけしました。

詳しい事情は明かせませんが、手術をしました。

生命に別状はありませんが、しばらく更新が滞るかもしれません。

 

また詳しい図面を載せられず、申し訳ありません。

よく分からない方は、お手数でも、盤駒をお使いください。

 

メルマガ「ピリ将の兵法」は、予定通り、創刊。

ただし、しばらくは週刊のペースで。

 

第1号から読みたい方は、「まぐまぐ!」さんで「ピリ将」を検索のうえ、

読者登録をお願いします。