「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【初中級者講座】自戦記 シュうぇッチな感覚 4→3戦法(5)

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

4→3戦法(5)

 

 端歩を両方突いて始めるのは、王将戦の久保・豊島戦と同じ。

 今ごろ、気がつきました。(闘病中とはいえ、勉強不足ですね。)

 

 さて、第4図を再掲する。 

 

第4図

f:id:Shouldgo:20180304170427p:plain

 

第4図以下

 △8五歩▲7六飛△7二金▲7七桂(第5図)

 

第5図

f:id:Shouldgo:20180304171608p:plain

 

 △7二金が異筋な手。上手が腕力で抑え込みに行った手と言えるだろうか。石田流の対策に困っている方は、定跡をきちんと勉強するのも大事だが、たまには全力で抑えに行く、こうした手も試してみると、将棋の幅が広がるかもしれない。

 なお、解説は省くが、銀で受けに行くのは、角交換型の場合、いろいろと罠があることも多い。奇襲っぽいときは、金で受けて、相手の研究を外すのが私シュうぇッチマン流。

 第5図の桂跳ねは、私シュうぇッチマンには、やや違和感のある手。8八の銀の活用が難しくなりそうだから。

 石田流の側から考えると、7七の地点に銀を上がるか、桂を跳ねるかは、ギリギリまで保留したい。また、飛先に備えて▲7八金と指しておきたいが、現状は飛車の横利きがあるので、これもやはり急ぐ必要がなさそう。なので、ここは一回▲2八玉ぐらいで様子を見たいと思うが、いかがなものか。

 もっとも、これは趣味の問題で、いろいろな考えがあってしかるべき。▲7八金~▲7九銀~▲6八銀と銀を組み替えていけばよいという考え方にも一理あるだろう。(つづく)

 

 

 

 

 

▼まぐまぐ!さんから、週刊メールマガジンを創刊しました。

 ブログとはちがう良さがあると信じます。

 よかったら、ご購読、よろしくお願いします。(無料です。)

 

  •   0001682448 ピリ将の兵法 将棋上達のヒント 毎週水曜日