「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【初中級者講座】自戦記 シュうぇッチな感覚 4→3戦法(6)

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

4→3戦法(6)

 

  さて、第5図を再掲する。 

 

第5図

f:id:Shouldgo:20180304171608p:plain

 

第5図以下

 △6四歩▲6八金△5四角▲6六飛△6三金(第6図)

 

第6図

f:id:Shouldgo:20180309143129p:plain

 

 あえて定跡とは異なる指し方を選んでいる。ただし、こういう局面にも考え方というものがないわけでもない。

 2つのことを書く。1つは、金の位置。もう1つは、飛車の位置について。

 あくまでも私見だが、先手の金は前述のとおり、7八金のほうがバランスがよいと思う。そうしないと銀と飛車の守りの負担が大きいからだ。銀は組み替えて中央に使いたい。飛車もいずれは攻めに使いたいのだから、金に守りに専念させて、飛銀は攻守両用で待たせたい。

 振り飛車にかぎらず、玉の反対側の金の位置は難しいが、角交換の場合は、玉の反対側へ行くバランスの取り方が私シュうぇッチマンの好み。現に居飛車だと変則的であるだろうのに、そう指しているくらいだ。

 相手の金の位置を見て、筋違い角を打った。角は中央が一番活躍するので、5四に打てるのなら打ちたいといつも考えている。考え方だが、手持ちの角と盤上の角なら、手持ちの方が価値は高い。これが一般論だ。いつでも、どこへでも打てる持ち駒のほうがよいに決まっている。常識。ところが、プロは早めに角を打つことが多い。早めに手放す条件は、

 

(1)角を中央に打てる

(2)攻防に働き、自他の急所・弱点に利いている

(3)長く活躍することが期待できる

 

 早めに盤上に放ち、十分に働いてくれるなら、むしろ積極的に打つことを考えている。そうしておいて、相手の角が盤上にいない間に主導権や制空権を握ろうというのだ。状況によるので、鵜呑みにはしないでほしいが、参考になることもあるだろう。(ちなみに、私シュうぇッチマンは角換わりの将棋になると、昔から大駒一枚強くなると言われていた。さっさと使って、攻めにも受けにも、最大限に働かせるからだろうと思う。好きな駒は、角である。)

 閑話休題(「それはさておき」と読む)、ここでの角打ちのポイントは、いくつかある。1つは先手の弱点である8七の地点をねらう。そうすることにより、銀が釘付けとなる。もちろん、反対サイドの2七の地点も睨むし、いずれ自陣にも働かせようとの算段だ。直接的には、攻め駒を標的にしており、浮き飛車を責めている。浮き飛車は縦横に働きがよく、二枚落ちの定跡でもよく出てくるほどだが、反面、目標にされやすい。

 振り飛車側からも解説しておくと、飛車を狙われた場合、反対サイドに避難するのがコツだ。この場合なら、2六へ逃げておいて、死んだふりをしておく。守りの陣へ避難しておけば、相手にとっても囲い側なので非常に責めにくいのだ。しばらく存在を消しておいて、虎視眈々とチャンスをねらう。

 よそにはあまり書いていないが、そうした指し方を知らないと、石田流は指しこなせないと私シュうぇッチマンは考えている。飛車の縦使いと、飛車の横使い。[大事なことを言い忘れていた。石田流初中級者あるある。「飛車を詰まされる展開は、最悪だ。」] (つづく)

 

 

 

 

 

▼まぐまぐ!さんから、週刊メールマガジンを創刊しました。

 ブログとはちがう良さがあると信じます。

 よかったら、ご購読、よろしくお願いします。(無料です。)

 

  •   0001682448 ピリ将の兵法 将棋上達のヒント 毎週水曜日