「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【初中級者講座】自戦記 シュうぇッチな感覚 4→3戦法(7)

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

4→3戦法(7)

 

  さて、第6図を再掲する。 

 

第6図

f:id:Shouldgo:20180309143129p:plain

 

第6図以下

 ▲5六飛▲△4四歩▲2八玉△6二銀▲6九金(第7図)

 

第7図

 f:id:Shouldgo:20180309184651p:plain

 

 ▲4六飛~▲5六飛と、先手は飛車を1つずつ動かしている。「金を上ずらせることができた。しめしめ。」ひょっとしたら、こんなふうに考えているのか。

 しかし、私シュうぇッチマンは、飛車はもっと大きく動かす派。大した意味もなく、こんなふうに、ちょこちょこ動かすケチは基本的にしない。いや、二段目にいるなら、攻められているところに小まめに飛車を転じていくのも、振り飛車の常套手段であり、むしろ柔軟性を評価すべきだろうと思う。けれども、四段目の飛車を責められつつ、1つ、また1つと動くのは、計画性がない証拠と言える。

 しかも、歩越しでは、すべての攻め駒は働きが弱くなってしまうという法則もあるのだ。飛車は7六こそがベストポジションであって、5六飛は恐れるに足らない。玉が5二に中住まいしているのなら話は分かるが、相手が飛車や金の無駄な動きで手損している隙に、うまいこと3一まで遠ざかることができた。

  飛車の話が中心になったが、角の話も。△4四歩が角打ちの後の大事なケア。角の利き、風通しをよくしておく。大駒は利きが多いのが強みなので、どんどん窓を開けていくイメージだ。本譜では実現しなかったが、△6五歩~△6四金、あるいは△7四歩~△7四金として、さらに退路を開くことも構想の1つとして考えていた。

 私シュうぇッチマンの造語だが、角の退路のことを「角の長い後ろ足」と呼んでいる。

 もう1つだけ付け加えておくと、駒の損得がなくとも序中盤で差がつく理由は、進展性。先手は指す手がないのに対して、後手はいくらでも指したい手がある。本来、振り飛車は進展性が長所であるはずなのに、その進展性が奪われてしまったのが痛い。

 石田流は左辺を高く、右辺を低く構える。だから、玉を盛り上がっていけないので、こういう展開は避けたいのだ。(つづく)

 

 

 

 

▼まぐまぐ!さんから、週刊メールマガジンを創刊しました。

 ブログとはちがう良さがあると信じます。次回配信は3月14日(水)の予定。

 無料なので、ご購読、よろしくお願いします。

 

  •   0001682448 ピリ将の兵法 将棋上達のヒント 毎週水曜日