「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

負けについて

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

負けとはなんぞや?

 

 本日ピリ将メルマガ第4号を刊行した。 

 まだという方は、お読みくださいませ。

 メルマガなので、メールで読むのが基本だけれど、全文公開しているので、ブログのように読むこともできる。

 

 負け論から始めたのが、メルマガ新手。

 しかし、失敗したかもしれない。

 なぜかというと、負け論、奥深すぎるから。

 これだけで、間違いなく一冊、書けてしまう。

 いきなり底なし沼へ突っ込んでしもうたw

 

 負けとは何か?

 十人十色というか、人によって答えが違う。

 負けを考えるだけで、その人の個性が滲み出てしまうのだ。

 

 私シュうぇッチマンには、私シュうぇッチマンの負け観がある。

 勝負観と言ってもよい。

 けれども、それを一般化するのは、ひどく難しい。

 

 私シュうぇッチマンは、いつもこのことを考えてきた。

 そして、今回、病気になって、さらにそのことを深く考えるようになった。

 

 『ドラゴン桜』で、一本のものさしの喩え話が出てくる。

 学校で成績以外のものさしを持ってくるからおかしなことになる、と。

 

 まずはものさしの統一を図らなければならないのだけれども、これが難しい。

 目標というか、オリエントというか。

 

 将棋は勝つことが唯一の目標であり、オリエント。

 自明なのに、自明じゃない。

 ここがいちばん、難しい。

 

 チューニングがいつまでもできないオーケストラをどうまとめていくか。

 チューニングするしかないはずだけど、一度、バラバラの全奏してみるか?

 でも、耳と心がダメな人は、これでいいって言い出しかねないんだよね。

 

 

▼まぐまぐ!さんから、週刊メールマガジンを創刊しました。

 ブログとはちがう良さがあると信じます。

 本日、第4号を刊行しました。

 読者数は先週11名、今週14名。

 よかったら、ご購読、よろしくお願いします。(無料です。)

 

  •   0001682448 ピリ将の兵法 将棋上達のヒント 毎週水曜日

www.mag2.com