「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

極限早繰り銀対策 歩の手筋

将棋ブログ「リ将」 www.piri-girl.online

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

  

 

◎ブログトップは、こちらから。

www.piri-girl.online

 

◎メルマガも、いかがですか?

ピリ将の兵法 将棋上達のヒント

http://www.mag2.com/m/0001682448.html

www.mag2.com

 

◎個人コーチング、はじめました。

xn--rdk1bu28r.online

 

 

極限早繰り銀対策

 

 冬眠している間に、極限早繰り銀という戦法が流行している。

 たしかに、アマ向きだ。

 いちおう本は買ってあるが、未読。

 

史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)

史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

 そんな隙に、極限早繰り銀と遭遇してしまった。

 仕方がないので、ベテランの味を見せてみた。

 こういう将棋は、昭和のほうが体で覚えているものである。

 エッヘン。( でも、ちゃんと研究しようと思った。 )

 

図1

f:id:Shouldgo:20180326094043p:plain

 

 早繰り銀とは、飛車のコビンから銀を繰り出す戦法。棒銀と違い、中央にも行けるのがメリット。対する先手は、棒銀風に来られるのを警戒し、玉は美濃へ。相手の攻めを見て、玉の位置を定める。これ、将棋の基本。さらに、それを見て、相手も5筋の位を張ってきた。「位取りの歩」。相手の守りを見て、攻め筋を決める。これも、将棋の基本だ。5筋の位は許せないので、当然、反発する。「反発の歩」。こちらも玉のコビンがこわいが、相手は居玉だし、しかも角道不突きの居角だ。案ずることはない。

 

図2

f:id:Shouldgo:20180326094243p:plain

 

 中飛車に振り直した相手に対し、再び、「合わせ歩」。もちろん、2筋突破と同時に、飛車を横へ使うことの両ねらい。いや、中飛車と銀の間にくさびを打ち込めば、銀が取れるということもねらっている。具体的には、▲5三歩~▲5四歩の「連打の歩」という手筋。なるほど、△1三角はその後、5三角成が王手なので、部分的には筋だが、▲2一飛成が桂得しながらの王手なので、無効。つまり、以下△3一金▲1一飛成△5七角成▲2八玉の展開は、先手の桂香得が大きすぎるし、玉形が違いすぎる。だから、仕方なく後手は△6四銀と負担になる銀を引いた。極限でも何でもない。ただの無鉄砲銀と相なった。もっとも、飛車を直通させてきたのではあるけれども・・・・・・。

 

図3

f:id:Shouldgo:20180326095312p:plain

 

 相手の飛車は5七に成らせても、それほど怖くない。そこで▲2五飛と1つ引いたのが、当然のことながら継続手。横を見れば8五に歩が落ちている。8五の歩をパックンチョすると、さらに8一の桂馬もパックンチョして、飛車が竜王に変身し、香車までパックンチョという垂涎の展開が待っている。すでに後手はなんのために8五まで歩を伸ばしたのか、わからなくなってしまっているだろう。「こんなことなら、ふつうに中飛車にしておけばよかった。」定めし、後手は、そんな心境であろう。△7三桂と受けたが、「今度は縦のラインがお留守ですよ」と、▲2四歩の「垂れ歩」が決まった。ここで後手は△1三桂としてきたが・・・・・・。

 

図4

f:id:Shouldgo:20180326095902p:plain

 

 飛車を逃げると、△2五歩と頑張られる。したがって「まむしのと金」となって突貫す。飛車は見捨てて、▲2三歩成が眼目の一手だ。以下、△2五桂▲3二金と進んだ。角ではなく、金を取る。一時的に駒損でも、と金だから大丈夫。次に角か銀が取れそうだ。それに、相手の桂馬は飛車を取ってお手柄だったが、その後がそれほど働いていない。飛金交換でも、と金のおまけがついてくれば、十分お釣りが取れると覚えておこう。

 

図5

f:id:Shouldgo:20180326100614p:plain

 

 相手もしぶとい。試験官のように、こちらの実力を試してきている。▲3二とに対し、△5三銀と銀をかわして、飛車でと金取り。▲2二となら、駒損ながら、△同飛として飛車を働かそうとの魂胆である。もっとも、こちらの手は▲2二とではない。おわかりだろうか? そう、▲3三と、が最後の決め手である。

 

図6

f:id:Shouldgo:20180326100510p:plain

 

 いつでも取れる大駒に目がくらんではいけない。▲3三とで自陣の角も働くという寸法である。これが、大局観。それにしても、角ではなく、歩を取るほうがよいのだから、将棋はむずかしい。覚えておこう。と金は、かように、ものすごいのである、と。

 捨ててもよし、大事にしてもよし。と金には、大駒以上の価値、否、勝ちがある。

 

f:id:Shouldgo:20180326101054p:plain

 

 結局、角には逃げられ、成られた。いや、そうではない。逃がし、成らせたのである。王手には、▲4八金打。ガッチリ金打で。▲2八玉だと、△2二飛がある。結局、後手は△4八馬と成ったばかりの馬を切るよりなく、▲同玉△6五桂▲1一角成△4二銀▲5二と△同金▲5八歩まで、先手シュうぇッチマンの完勝となった。

 

投了図

f:id:Shouldgo:20180326101832p:plain

 

 最後▲5八歩という受けの手が投了図になるというところが、北国の受け師わがシュうぇッチマンの理想とするところであり、お気に入り。よい投了図で終われると、相手に感謝したくなる。たとえ負けるときでも、相手のために美しい投了図を作りたいと改めて思う次第である。

 ともあれ、級位者の方にお手本としてお見せできる教科書的な棋譜と相なった。最後の歩も含めて、先手の歩が大活躍してくれた一戦だったと思う。将棋は歩から。

 

パソコンで並べる方は、こちらから:

https://noike.info/yourls/t4lu9g2n38

 

開始日時:2018/3/26 7:12:6
手合割:平手
先手:シュうぇッチマン
後手:D氏
手数----指手---------消費時間----
1 7六歩(77) (00:00/00:00:00)
2 8四歩(83) (00:00/00:00:00)
3 2六歩(27) (00:00/00:00:00)
4 8五歩(84) (00:00/00:00:00)
5 7七角(88) (00:00/00:00:00)
6 3二金(41) (00:00/00:00:00)
7 8八銀(79) (00:00/00:00:00)
8 7二銀(71) (00:00/00:00:00)
9 7八金(69) (00:00/00:00:00)
10 7四歩(73) (00:00/00:00:00)
11 2五歩(26) (00:00/00:00:00)
12 7三銀(72) (00:00/00:00:00)
13 3八銀(39) (00:00/00:00:00)
14 6四銀(73) (00:00/00:00:00)
15 2四歩(25) (00:00/00:00:00)
16 同 歩(23) (00:00/00:00:00)
17 同 飛(28) (00:00/00:00:00)
18 2三歩打 (00:00/00:00:00)
19 2六飛(24) (00:00/00:00:00)
20 1四歩(13) (00:00/00:00:00)
21 1六歩(17) (00:00/00:00:00)
22 5四歩(53) (00:00/00:00:00)
23 4八玉(59) (00:00/00:00:00)
24 5五歩(54) (00:00/00:00:00)
25 3九玉(48) (00:00/00:00:00)
26 4二銀(31) (00:00/00:00:00)
27 5六歩(57) (00:00/00:00:00)
28 5二飛(82) (00:00/00:00:00)
29 5五歩(56) (00:00/00:00:00)
30 同 銀(64) (00:00/00:00:00)
31 2四歩打 (00:00/00:00:00)
32 同 歩(23) (00:00/00:00:00)
33 同 飛(26) (00:00/00:00:00)
34 6四銀(55) (00:00/00:00:00)
35 2五飛(24) (00:00/00:00:00)
36 7三桂(81) (00:00/00:00:00)
37 2四歩打 (00:00/00:00:00)
38 1三桂(21) (00:00/00:00:00)
39 2三歩成(24) (00:00/00:00:00)
40 2五桂(13) (00:00/00:00:00)
41 3二と(23) (00:00/00:00:00)
42 5三銀(42) (00:00/00:00:00)
43 3三と(32) (00:00/00:00:00)
44 1三角(22) (00:00/00:00:00)
45 4三と(33) (00:00/00:00:00)
46 5七角成(13) (00:00/00:00:00)
47 4八金打 (00:00/00:00:00)
48 同 馬(57) (00:00/00:00:00)
49 同 玉(39) (00:00/00:00:00)
50 6五桂(73) (00:00/00:00:00)
51 1一角成(77) (00:00/00:00:00)
52 4二銀(53) (00:00/00:00:00)
53 5二と(43) (00:00/00:00:00)
54 同 金(61) (00:00/00:00:00)
55 5八歩打 (00:00/00:00:00)
56 投了 (00:00/00:00:00)
まで55手で先手の勝ち

 

 

 

 

▼まぐまぐ!さんから、週刊メールマガジンを創刊しました。

 ブログとはちがう良さがあると信じます。

 本日、第4号を刊行しました。

 読者数は先週11名、今週14名。 

 29名に増えました。Thanks a lot !

 よかったら、ご購読、よろしくお願いします。(無料です。)

 

  •   0001682448 ピリ将の兵法 将棋上達のヒント 毎週水曜日

www.mag2.com