「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

プラットフォームとティルト メールマガジン第2期凸入

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

▲トップページは、こちらから:

www.piri-girl.online

 △総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 ▲メルマガは、こちらから:

www.mag2.com

 

 

プラットフォームとティルト

 

プラットフォームとティルト

 地を這い、走って、走って、離陸。

 

 といっても、飛行機操縦の話ではない。

 

 演劇や映画の演出のお話。

 演出の基礎に、プラットフォームとティルトというのがある。

 

 プラットフォームは、いわば安定。 

 最初は安全運転に終始する。

 

 幕が開いていきなり「ブスッ」「>*0*<キャアアッ」

 これはこれでありだが、性急な高校演劇みたいで、おすすめしない。

 

 何かが起こる前の状況を、まずはしっかり見せる。

 これがプラットフォームだ。

 

 プラットフォームができたら、そこから傾けていく。

 ティルトとは、傾けるの意。

 

 ジェットコースターも、いきなり絶叫ではないだろう。

 ゆっくり進んで行って、>*0*<キャアアッ

 なのだ。

 

 初対面会話も、同じ。

 最初から飛ばしてくる人がいるけれども、これは痛い。

 最初は無難にふるまうのがベストだと思っている。

 

メルマガ第2期凸入

 どうしてこういう話をするかというと、メルマガが第2期に凸入するから。

 急病に遭ったため、無計画なまま始まりどうなることかと思った。

 しかし、とりあえず軌道に乗り始めたので、ホッとしている。

 ここまでが、いうなれば、プラットフォームだ。

 ここからは、ティルトに入る。

 

 メルマガでは、10週ごとにテーマを変えていく予定。

 最初の10週は、「負け」をテーマにした。

 バックナンバーも公開しているので、興味のある人はお読みあれ。

 

 これからの10週は、「持ち時間」をテーマにしていく。

 持ち時間に照準する理由は、将棋ウォーズ切れ負け対策のアクセスが多いから。

 このブログでは紹介していない方法も紹介していく予定である。

 乞うご期待あれ。

 

あとがき 

 メールマガジンは、毎週水曜日刊。

 今朝のメールマガジンは、まだ「負け論」で、どん底について。

 

 △メルマガは、こちらから:

現在の読者数は29名

www.mag2.com

 

 そういえば、連休中、家族サービスで山歩きへ出かけた。

 ちなみに、家族で山へ行くのは、初のこと。

 独身時代はよく登っていたものの、今はすぐに息が上がる。

 そんなこんなでたどり着いたところに「どん底」の看板が。

 

 露骨な看板に、逆に笑みがこぼれた。

 一生懸命がんばっていても「どん底」ということはある。

 というより、歩いていたら、たまたま「どん底」を経由した。

 将棋のどん底も、そのようなものだろうとの気づきが得られた。

 

 ニーズの高い項目を重点的に掘ろうと考えている。

 リクエストがあれば、ホームページのメールフォームからお寄せくださいませ。

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online

 

   URLは「ピリ将.online」だけでも、OKだよ。