「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【実戦次の一手】中盤のコツ「二枚換えって、何?」「手得/手損って、何?」

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

▲トップページは、こちらから:

www.piri-girl.online

 △総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 ▲連載目次なら、こちらから:

www.piri-girl.online

△メルマガは、こちらから:

www.mag2.com

 

 

 中盤のコツ 二枚換えと手得/手損

 

 【世界一】でも【日本一】でもなく、【ふつう】の解説。

 「二枚がえ」がよくわからないとの声があるので、解説する。

 

 素朴にいえば、一枚と二枚の交換のことを「二枚がえ」という。

 要するに、千円札1枚と五百円玉2枚を交換するようなイメージ。

  

 もう少し、具体的に説明していこう。 

 まずは、問題図をご覧ください。

 

問題図

f:id:Shouldgo:20180512095301p:plain

 

 後手が、角交換四間飛車を中飛車に振り直した局面。

 私シュうぇッチマンは先手で、左玉という戦法を採用。

 角交換四間飛車党は、この左玉の対策を知らない人が案外、多い。

 

相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法 (将棋最強ブックス)

相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法 (将棋最強ブックス)

 

  

とっておきの右玉 (マイコミ将棋BOOKS)

とっておきの右玉 (マイコミ将棋BOOKS)

  • 作者: 細川大市郎
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 このあと、後手は数手で投了した。

 あなたなら、ここでどう指す?

 

再掲問題図

f:id:Shouldgo:20180512095301p:plain

 

 ヒントは、もちろん、二枚がえ。

 以下、ネタばれ、注意! 正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ▲4一角(正解図)

 

正解図

f:id:Shouldgo:20180512095309p:plain

 

 この、いうなれば「割り打ちの角」が、相手の隙をついた好手だった。後手陣の銀が上ずっているから、成立している。当然、銀の位置が4三なら、成立しない。

 通常は「割り打ちの銀」でなければならない。なぜなら、角はもったいないから。

 もちろん、先手が居飛車なら、金がどけば飛車が成れるというケースもあるだろう。しかし、この局面に関しては、そのような特典はない。

 それにもかかわらず、この角打ちが成立するのは、二枚替えが約束されているからである。「二枚換えは歩とでもせよ」という格言は、いささか大袈裟だが、その意図するところは、「一枚と二枚の交換は、二枚の方がよくなることが多いので、見逃すな」という警句だ。実行するかどうかはともかく、うまくいくかどうか、読みを入れる価値はある。

 

変化図1

f:id:Shouldgo:20180512095313p:plain

 

 ▲4一角に対し、実戦は二枚がえの順を回避して△4二金だったが、まずは二枚がえの順を追ってみよう。

 △4二飛なら▲3二角成△同飛(変化図1)と進むだろう。

 さあ、ここで、どうする?

 

変化図2

f:id:Shouldgo:20180512095315p:plain

 

 ▲4三金(変化図2)と、飛銀両取りをかけるのが正解。

 角金交換なら損だろうが、ここで飛銀両取りがあるのを見越している。「両取り逃げるべからず」というが、代わる手も難しい。

 というわけで、飛車を逃げるが、どこへ?

 

変化図3

f:id:Shouldgo:20180512095317p:plain

 

 飛車の逃げ場所は、いろいろあるが、3一がベストだろう。銀を取られた後に、桂馬まで取られてしまったら、三枚がえだから。取られることがわかっている場合は、そこで心を折られるのでなく、被害を最小限に抑えることを考えよう。大事なので繰り返す。駒を取られることが確定したのなら、取られた後の被害を最小限に抑える一手を考えよう。

 というわけで、△3一飛▲4四金(変化図3)となるが、みごと、二枚がえに成功! 角を失った代わりに、金銀を得る。私シュうぇッチマンの計算では、角は13点で、金が10点、銀が8点。つまり、13対18で、駒得という計算になる。

 なるほど、大駒は大事である。だから、切るのに勇気が要るというのも理解できなくはない。けれども、角は飛車より、格段に切りやすい駒だ。私シュうぇッチマンの場合、角金交換なら、条件次第によっては「あり」だと考えているくらい。

 相手の側にも立ってみよう。金銀は各4枚しかない。そのうちの半分を失うという事態が、大きな損失でないということがあろうか、いや、ない。

 というわけで、二枚がえは、原則、お得なのである。

 

 以上の原則に加え、今回の二枚がえがさらにお得なのは、それだけが理由ではない。相手の飛車の動きに注目してほしい。

 

  4二~5二~4二~3二~3一

 

 いくら振り飛車だとはいえ、こんなに動かされたら、たまらない。そう、手損なのだ。相手が飛車を動かしている間に、こちらはパックマンのように、駒得していく。

 

実戦図1 

f:id:Shouldgo:20180512095319p:plain

 

 というわけで、相手も二枚がえはイヤだと、実戦では△4二金と、金の方を寄ってきた。両取りの場合は、どちらを取る変化も読んでいなければならない。私シュうぇッチマンも、当然、この変化も読み切っていた。

 もしできるのなら、あなたも、読み切ってみてほしい。

 

投了図

f:id:Shouldgo:20180512095321p:plain

 

  ▲5二角成△同金▲4一飛△5三角▲2一飛成(投了図)までで▲勝ち。

 

 飛角交換だが、手番が大きい。銀取りに飛車をおろし、角打ちには、じっと2一飛成。ねらいは香車を取ってからの田楽刺し。すなわち、5四のスペースに香車を打てば勝ちだ。△5三角に▲5四歩と打たないのが大事なところ。

 △5三角では△6二角や△5三銀のほうがよいだろうが、後手は持ち駒に角しかなく、歩切れなので、ゆっくり行けば、おのずから勝てる。やはり同様に香車を拾っておいて、どこかの歩を切って、と金づくりか、飛車を玉頭に転回して、香車ロケットも打って、脳天スズメ刺しでいけば、楽勝だろう。

 

 中盤は本当に難しく、本当は簡単にコツなど語るべきではないし、語ることができないはずなのだが、ここでは、さしあたり、以下の6点にまとめてみる。

 

 ・相手の隙(遊び駒)を見逃さない。

 ・二枚がえをねらう。

 ・両取りをねらう。

 ・手得/手損を意識する。

 ・被害を最小限に抑える。

 ・歩の叩きを保留する。

  

 

 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online

 

   URLは「ピリ将.online」だけでも、OKだよ。