「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【大人の超初心者】〔将棋入門講座〕駒の名称と動かし方(4)銀将 silver general

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

▲トップページは、こちらから:

www.piri-girl.online

 △総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 △メルマガは、こちらから:

www.mag2.com

 

 

 【超初心者入門講座】

 駒の名称と動かし方(4)銀将 silver general

 

 

0.この駒のスペック(戦闘力)

 

 8 pt

 

 

1.お名前

 

 エントリーナンバー4番。

 本日、ご紹介する駒は、「銀将」だよ。

  

 読み方は「ぎんしょう」。

 略称は「ぎん」。

   

 速記文字は、「ヨ」。

 「銀」という字の右側の最初の三画だけを記す。

 

 

コラム 銅をめぐる蘊蓄(うんちく)

 

 金将と銀将があるのに、どうして銅将がないのか。

 必ず訊かれる質問なので、すべての棋士が答えられるようにしておきたい。

 ご存知?

 

 実は現在の将棋は最終進化形である。

 その前は、もっと駒が多かった。

 大将棋や中将棋というが、この将棋では銅将もあったのである。

 

 なぜ大将棋や中将棋が廃れたのかは、わからない。

 推測するに、あまりに複雑だと面白くないのではないだろうか。

 そもそもルールを覚えるのも大変そう。

 それに、決着がつくにも時間がかかりすぎるだろう。

 そんなこともあって、現行の将棋では、銅将が省略された。

 だから、「留守(ここにはいない)」というのが正確だろう。

 

 ちなみに、私シュうぇッチマンは現在の将棋のルールに不満がない。

 他の多くの棋士も同意してくれるはずである。

 そのくらい、現在の将棋のルールは洗練されているということ。

 銅将がないのは、さびしいが、仕方がない。

 

 もっとも、私シュうぇッチマンはトレーニングでは銅将も使っている。

 たとえば、詰将棋の創作。

 ここで持ち駒に銅があったら、なんて、夢想することがある。

 

 銅将の動き方は、中将棋だと、前3か所と真後ろ1か所の計4か所だ。

 強い人は、銅将も仮想通貨のように使ってみるといい。

 

 なお、子どものころ、私は金色よりも銀色の方が好きだった。

 だから、将棋の駒も銀将の方を好んだ。

 

 けれども、大人の今、現実でも将棋でも、金を好む。

 とりわけ現実では、私シュうぇッチマンは金の延べ棒を偏愛する。

 これからの経済や金融をまったく信用していないからだ。

 ただし、将棋の場合、銀は金に匹敵するくらい、大事な駒である。 

   

 

 

コラム 銀をめぐる蘊蓄(うんちく)

 

 昔、阪田三吉という伝説の棋士がいた。

 『王将』という芝居や歌のモデルになった人で、関西で愛された。

 

 『王将』という芝居や歌になったのに、どうして銀のコラム?

 それは、こういう、あまりにも有名な名言が残されているから。

 

  「銀が泣いている」

 

 関根金次郎十三世名人と阪田三吉の対戦でのことである。阪田は銀を相手に取らせて、香車を働かせようと考えた。ところが、関根は、その意図を看破し、この銀を取らない。取らない。取らない。結果、銀が取り残された。

 これを「銀が遊んでいる」という人は、いくらでもいる。しかし、阪田は「銀が泣いている」と言ったのだ。駒と自身を同一化し、銀という駒にも魂、感情があるというのだ。

 たかがゲーム、されどゲーム。ここまで1枚1枚の駒に思い入れ、肩入れすることが将棋が強くなる秘訣である。

 経営者も、社員という駒を粗末に扱ってはいけない。社員が泣いていないか、よく考えてあげる必要があるだろう。

 

 

棋神・阪田三吉 (小学館文庫)

棋神・阪田三吉 (小学館文庫)

 

  

反骨の棋譜 坂田三吉

反骨の棋譜 坂田三吉

 

 

夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)

夫婦善哉 正続 他十二篇 (岩波文庫)

 

 

 

2.銀の動かし方

  

 銀は、前3か所と、後ろ2か所に動かせる。

 

 前は、まっすぐ前か、右斜め前または左斜め前に1マス。

 後ろは、右斜め後ろか、左斜め後ろに1マス動かすことができる。

 (横と真後ろへは動かすことができない。)

 

図1

f:id:Shouldgo:20180512181020p:plain

 

 図1は、初形。

 桂と金の間に置いてある。

 

 初形から動かすとしたら、図2が想定される。

 

図2

f:id:Shouldgo:20180516125806p:plain

 

 先手は斜めに動かしてみた。

 後手は真上へ動かしている。

 

 もう少し詳しい人のために、少し専門的な話をしておく。

 銀を動かすと、飛車や角行への利きがなくなる。

 だから、飛車や角行が取られそうな場合は、動かせない。

 

 このことの意味を知っておいてほしい。

 どういうことかというと、銀の弱点は横だということ。

 銀は横へ進めないから。

 

 銀の前に駒があるとき、銀が動く。

 すると、銀の横をカバーできない。

 隣の仲間が召し捕られる。

 

 こういうパターンが非常に多いのが銀の特徴なのである。

 反対に、相手の銀を引っ張り出せば、隙を作ることができるよ。

 

 銀の弱点をもう1つ説明してみよう。

 図3~図11を見てほしい。

 

図3

f:id:Shouldgo:20180516125807p:plain

図4

f:id:Shouldgo:20180516125810p:plain

図5

f:id:Shouldgo:20180516125812p:plain

図6

f:id:Shouldgo:20180516125814p:plain

図7

f:id:Shouldgo:20180516125817p:plain

図8

f:id:Shouldgo:20180516125819p:plain

図9

f:id:Shouldgo:20180516125822p:plain

図10

f:id:Shouldgo:20180516125825p:plain

図11

f:id:Shouldgo:20180516125830p:plain

 

 一連の手順では、すべての動かし方を駆使してみた。

 まっすぐ、斜め左上、斜め右上、斜め右下、斜め左下。

 これで中央の大路へ戻ってきたのが図8。

 しかし、図8は図4に戻ったのであって、図3に戻ったのではない。

 図3の位置に戻るには、さらに3手かけて、図11にする。

 

 要するに、何が言いたいか。

 銀は前へ3か所、後ろへ2か所という駒だから、頭でっかちなのだ。

 前へ進むのは得意だが、バックするのは少し苦手。

 たしかに、桂香歩はバックできないから、それよりははるかにマシ。

 けれども、やはり前進よりは後退が苦手ということは見逃せない。

 

 最初にまっすぐ上がったのが、こうなる原因をつくった。

 賢い人は気づくだろうが、最初から斜めしか使わなければ、戻しやすい。

 

 まっすぐを入れると、「いちにさんし、ごろくしちはち」と8手もかかる。

 斜めだけだと、「いちにさんし」と半分の4手で済む。

 

 そこで生まれた格言(将棋のことわざ)がある。

 

 「銀は千鳥に使え」

 

 斜めに行くのが千鳥足みたいだから、千鳥という。

 斜めに使うのが、銀の基本だ。

 

 もちろん、直進してもよい。

 しかし、そのときは、数手先のことをよく考える必要があるということ。

 

 初心者であろうが、なかろうが、自身の銀の動きを一度観察してみよう。

 直進が多い人は、反省してみる必要があるかもしれないよ。

 

 銀は前へ行ったり後ろへ行ったり、駒の中で最も動く駒と言われている。

 銀を上手に使えるようになると、将棋が楽しくなるよ。

 

 ちなみに、永世七冠・羽生善治先生は、好きな駒はと訊かれ、銀と答えている。

 事実、羽生先生には、銀の妙手が多い。

 NHK杯戦での加藤一二三戦で放った伝説の△5二銀など。

 

 おしまいに、銀の必殺技を1つ紹介しよう。

 

図12

f:id:Shouldgo:20180516131555p:plain

 

 この銀を「割り打ちの銀」という。

 前回の桂馬のふんどしとよく似た両取りの手筋だ。

 後手はどちらかの金が取られてしまう。

 

 ・割り打ちの銀をねらう。

 ・割り打ちの銀を打たれない。

 

 「桂馬のふんどし」と「割り打ちの銀」は、初心者がねらう基本手筋だ。

  

 それでは、今日は、ここまで。

 次回も、お楽しみに。

 

 

【本日のまとめ】

・「銀将」は「ぎんしょう」と読み、「ぎん」とも呼ぶ。

・動き方は、前は3か所、後ろは斜め後ろだけ1マス進める。

・格言「銀は千鳥に使え」と、手筋「銀の割り打ち」を覚えよう。

  

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online

 

   URLは「ピリ将.online」だけでも、OKだよ。