「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【大人の超初心者】〔将棋入門講座〕駒の名称と動かし方(2b)その他の成駒 promoted X

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

▲トップページは、こちらから:

www.piri-girl.online

 △総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 △メルマガは、こちらから:

www.mag2.com

 

 

 

 

 

 【超初心者入門講座】

 駒の名称と動かし方(2b)

 その他の成駒 promoted X

 

 

0.この駒のスペック(戦闘力)

 

 +2 pt

 

 

1.お名前

 

 と金以外の成駒も解説しよう。

 本日、ご紹介する駒は「成香」「成桂」「成銀」「龍馬」「龍王」だ。

  

 読み方は「なりきょう」「なりけい」「なりぎん」「りゅうま」「りゅうおう」。

 一字表記は「杏」「圭」「全」「馬」(うま)「竜」(りゅう)。

 

 速記文字は「ナ禾」「ナ土」「ナヨ」「マ」「立」。

 

 

コラム 成駒をめぐる蘊蓄(うんちく)

 

 将棋の駒をひっくり返すと、いろいろな文字が書いてある。王と金だけは書いてないけれども、他の駒には書いてある。ちなみに、あそこに書いてある文字は、大駒以外はすべて「金」と書いてある。そう、崩し字だ。もっとも略したのが「と」にみえるが、あれも実は「金」と書いてある。成銀は、先ほど、一字表記は「全」と紹介した。しかし、正確には「全」よりも横棒が一本多い。活字では表せないので、仕方なく「全」と記すことがあるけれども、実際の駒には金の最後から2番目と3番目の画をつなげた形で書いてあるはずだ。ちなみに、駒のコレクターは、この成銀の文字の美しさを楽しむ。安物の駒は朱で印刷されているか書かれているが、あれは細かく書き分けなくても済むから。その反対に、高級品は、細かな違いを彫り分けているというわけだ。

  

2.成駒の動かし方

 

 成香、成桂、成銀は、すべて金と同じ動きをする。

 馬、竜は、もともとの属性に玉の動きが加味される。

 馬なら斜めにどこまでも行けるだけでなく、1マスなら前後左右へも行ける。

 竜なら縦横ならどこまでも行けるだけでなく、1マスなら斜めも行ける。 

 

 飛車や角は、99%以上の確率で成る。

 (角の不成は、谷川浩司先生が大山康晴先生との戦いで見せたものぐらい。そのうち藤井聡太先生が見せてくれるかどうか。)

 

 

◆谷川名人の角不成とは

 

f:id:Shouldgo:20180523124457p:plain

 

 初心者の方には難しいだろうが、紹介しておく。1983年の第24期王位戦。両者にとって消化試合ではあったものの、谷川先生の「光速の寄せ」を江湖に知らしめた有名な一局。谷川名人は▲4三角引不成と王手をして、控室が驚きの声を上げた。以下、△5四歩▲6六銀打△同と▲同歩△5五玉▲5六歩となり、大山十五世名人の投了。この▲5六歩のときに、もし角成だったら、打ち歩詰めの反則になっていた。大山先生は、そのような含意を理解され、▲5六歩で投了したのだ。以下は、△4四玉▲4五歩△3三玉▲2三角成△同玉▲3四角成△2二玉▲2三金△2一玉▲2二歩△1一玉▲1二金までの詰み。(脳内で並べられない方は、盤駒を使って並べるか、下記の動画をどうぞ。)

終盤のみ

www.youtube.com

一局まるごと

www.youtube.com

 

 

 

 打ち歩詰め回避という特殊なケース以外は、成ると決まっている。

 ところが、初心者は案外、不成の人がいるから驚く。

 天才というのではなく、うっかりの成り忘れだ。

 これは非常にもったいないので、やめよう。

 

 香、桂、銀は、不成も多い。

 

 特に「銀は不成に好手あり」という格言もある。

 銀の個性が消えてしまうので、不成のほうがよいことが多い。

 実際、銀が好きという羽生善治先生は、銀の不成が非常に多い。

 

 強い人は、不成の選択がしっかりしている。

 香や桂も、個性が失われるので、必要に応じて不成を選ぼう。 

 

 

【本日のまとめ】

・「成香」「成桂」「成銀」は、金と同じ動きをする。

・「馬」「竜」は、もともとの動きに加えて、玉の動きができる。

・飛角は成るべきだが、銀桂香は不成を選ぶほうがよいことも多い。

  

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online

 

 イベントの受付は、終了しました。

 ありがとうございました。

 

※アシスタント、キャンセル待ち、当日席は、まだ受け付け中!

 詳しくは、ホームページのメールフォームからお問合せください。