「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【確率メソッド】王手は追う手 相手の持ち駒&守備駒を見よう

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 ピリ将

www.piri-girl.online 

続ピリ将

www.piri-girl.work

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

【確率メソッド】王手は追う手 

 

相手の持ち駒&守備駒を見よう

 

 

  攻めは、相手の守備駒によって、臨機応変に変えるべし。

 ここでいう守備駒には、もちろん、持ち駒も含まれる。

 

問題図

f:id:Shouldgo:20180529174242p:plain

 

 私シュうぇッチマンの実戦から。戦型は角換わりで、先手は右玉にした。

 問題図では、すでに先手勝勢。後手が△4六金と打った手を見て、反撃を決断した。

 反撃のタイミングを言語化するのは、非常に難しい。けれども、「相手の持ち駒がなくなった瞬間」というのは覚えておいて損はないだろう。相手に合駒が歩しかないので、▲3四桂~▲7一飛が効果的。△6一歩と打つよりないが、後続の手段は?

 以下、ネタばれ注意。

 正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▲7三桂

 

 この問題で、「王手は追う手」という有名な格言と、私シュうぇッチマンのオリジナル格言「合駒を責める」感覚をぜひとも覚えてほしい。

 この局面で気をつけてほしいのは、相手の角の利き。角という駒は強大な駒で、後ろにも利いて、攻防に働くことがよくある。もっと局面が複雑なら、相手の角を撤退させて、自玉を緩和するという発想が必要なこともあるが、ここはそういう忙しい局面ではないので、勝ちに行く。

 ▲8四馬が第一感で、△6二金▲同馬△同玉▲7三銀△5一玉▲6一飛成△同玉▲6二金までの即詰みだ。桂打ちから数えると、13手詰め。他にも、詰み筋はある。もちろん、読み切れるのであれば、詰ましてもよいが、大駒を二枚捨てるリスクはでかいので、級位者は無理をしすぎず、詰めろや必至を覚えてほしい。(アマは、プロにくらべて脳が凡庸な上、持ち時間も圧倒的に少ないのだ!)

 実際、私シュうぇッチマンも、完璧に読み切っていたが、手堅く、安い駒でしとめに行った。だって、相手の駒台には歩しかないんだから。ヤッホー!(だって、相手の駒台には歩しかないんだから。ヤッホー! 以下、こだま。)

 

 △6二金▲6四桂△4一玉▲6一桂成

 △4二金▲6二成桂△3二玉▲2二金 まで先手勝ち。

 

 結局、以下、いろいろな筋があるものの、相手の駒台に新たな駒を載せない。

 この方針を貫き、詰めろ詰めろの連続で、勝ちきった。

 

 最後は▲2二馬とするところだろうが、手堅く▲2二金。

 これも、このブログの読者なら、ご存知の確率メソッド。

 勝率を1厘でも1毛でも高くするために、絶対に間違えないことを身上とする。

 

 つまり、速度計算と実利(駒得)の両立がそれ。

 詰将棋に持ち込まないのが、勝率の高い人の勝ち方と言い換えてもいい。

 

  A 絶対に詰まさないと行けないところで詰ます。

  B 詰まさなくてよいところでは余す。

 

 Bを増やすことが初段になる近道。

 そして、Aでも勝てるようにするのが高段者になるための条件だ。

 

 

【本日のまとめ】

・詰将棋は高カロリー、必至や詰めろがヘルシーでおすすめ。

・合駒を責める。

・駒得と速度の両立。

・とどめは分厚く。

 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online