「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【おすすめブログ】強すぎる人&強くなる人を追いかける

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 

続ピリ将の新連載は、こちらから:

www.piri-girl.work

メールマガジンは、こちらから:

www.mag2.com

 

 

【おすすめブログ】

強すぎる人&強くなる人を追いかける

 

 

はてな将棋

hatenablog.com

 

 ブログの紹介をしてみたい。きっかけは、紹介されたから。

 紹介されれば、紹介する。それが、私シュうぇッチマンの流儀。

 

 昔、あるおじいさんから贈り物をされた。だから、こちらも贈り返す。そうすると、また贈られる。贈り返す。これがエンドレスで続く。

 

 面倒だなと思ったが、インディアン・ギフトを思い出す。先住民インディアンは相互に贈り物をすることにより、よい循環が生まれ、平和をもたらすと考えた。ところが、入植者はそのような風習を理解しなかった。それが今のアメリカ合衆国。トランプさん、頼みますよ。ミサイルの贈答や、拉致の応酬など愚の骨頂。

 

 というわけで、紹介されたら、紹介し返す。もちろん、いい意味で。

 

 りたあめさんの「将棋上達を目指す人のためのブログ」に紹介されてた!

syogiblog.hatenadiary.jp

 

 以前も紹介したが、りたあめさんのブログは、プロ棋士の対局の急所が的確に整理されるところ。しかも、序盤、中盤、終盤に隙なく、あらゆる戦型に目配りが行き届いている。更新頻度もまめで、毎日毎度プロの妙手に感動できるので、必読だ、という意見は今も変わらない。変わるとすれば、それは確信に変わるということだ。

 ピリ将ブログでは、プロ棋士の手はほとんど紹介しないので、未読の方がいたら、ぜひ一読をおすすめする。

 それにしても。写っているわがブログの映像に「パンツを脱ぐ」とあり、恥ずかしく赤面してしまう。この、またとない絶妙なタイミングで、というのが、さすが六段だな、と、パンツを脱ぐ、じゃなかった、シャッポを脱ぐ。ありがとうございます。

 

www.piri-girl.online

 

f:id:Shouldgo:20180529154806j:plain

 

 私シュうぇッチマンのブログは、まあ、こんなものだろうと達観している。

 ピリ将は読者登録は少なめでも、実読者数は多いので、満足している。

 検索読者が異常に多い。

 

 続ピリ将も、元祖ピリ将の1/3の読者がいるので、悪くないと思っている。

 アマチュアのブログで、90名超の読者登録は十分だ。

 100名越えには、別にこだわっていない。

 

 ただ、これを機に、ピリ将&続ピリ将の併読だけはお願いしたいかも。

 両ブログの相補性だけが、やや心残りだからだ。 

  

 

 因みに他に紹介されている2つのブログも、私シュうぇッチマンは愛読中。

 この機会に、ここでもおすすめして、バズらせておこう。

 

penguins.hatenadiary.jp

mizutama-shogi.hatenablog.com

 

 ペンギン草さんは、指す将と観る将でのゆらぎが読ませる。

 ピリ将ブログを書く際も、参考にしていることが少なくない。

 

 みずたまさんは、棋書蒐集の参考になる。

 私シュうぇッチマンも古書好きなので、持っていない本があると気になる。

 

 「インターネット」の「ネット」とは、「ネットワーク」の意。

 今後は、これらのブログと、ますます連合していきたいものだ。

 各位において、それぞれの持ち味や魅力を掛け合わせてほしい。

 

 そして、将棋は、センス。

 そのセンスは、努力によって、かなりの程度、身につけられる。

 その努力の最たるものが、次の一手の宝庫「プロの棋譜」を並べること。

 この信念のもと、このブログは自らの旗幟をより鮮明に打ち出していきたい。

 

 そういえば、棋譜集についての整理は、こちらのブログも参考になる。

gerren.hatenablog.com

 

 最後に、常連さんのブログも、リンクを貼っておく。

biwanotane.blogspot.jp

mountain8.hatenadiary.jp

 

 びわのたねさんは、級位読者の代表だと位置づけている。

 sal0112さんは、有段読者の代表だと思っている。

 このブログの影響で、お二人とも急成長中。

 読者の目線を意識しながら、いつも執筆の参考にさせていただいていて多謝。

 

 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online