「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【棋譜並べ】「高速棋譜並べ」誕生の過去・現在・未来(後)

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 前回の記事
www.piri-girl.online

 

 

 

「高速棋譜並べ」誕生の過去・現在・未来(後)

  

これからの高速棋譜並べ

 前編は、これまでの高速棋譜並べについて概観してきた。

 後編では、これからの高速棋譜並べについて展望を著してみたい。

 

 これからの課題は、2つ。

 1つは、級位者向けの高速棋譜並べ。

 1つは、高段者向けの高速棋譜並べ。

 やはり棋力に応じて、高速棋譜並べのあり方も微妙に変化してくる。

 

 後者については、私シュうぇッチマン自身が試行錯誤中。

 そのもがき、あがきの類いは、続ピリ将を参照してほしい。

 

 前者については、ブログ「ぺんぎん草」(id:penguins)の記事が役に立つ。

 

penguins.hatenadiary.jp

 

 級位者がどこで困っているのか、言語化してあるので、参考になった。

 他の読者さんにも当てはまることだが、序盤で混乱が起こることを確信した。

 

 私シュうぇッチマンの処方箋は、こうだ。

 

 (1)序盤だけで数回(段位者は約3回、級位者は約5回)並べて覚えておく。

 (2)全体を数回(段位者は7回、級位者は10回)並べて覚えていく。

 (3)後手番を持ち、なめらかに並べることに挑戦する。

 (4)究極に、シルクのように、なめらかに並べる。

 (5)脳内で並べられるようになっているので、電車やお風呂でどうぞ。

   (寝る前と寝起きも、脳内で並べるようにすると、理想的!)

 

 なお、上記のプロセスを一気にやろうとしてはいけない。

 いくつかに分割してやることが長続きの秘訣。

 

 また、うまく並ばないことを悲観するのでなく、ラッキーと思うこと。

 うまく並ばないところが、あなたの弱点だ。

 級位者だと序盤から弱点が多く、高段者だと中終盤が弱点だろう。

 

 もう1つの問題点は、7回並べるというのが面倒なこと。

 しかし、これだけは仕方がない。

 penguinsさんも書いているとおりで、乗り切れる。

 つまり、脳内並べがメインディッシュで、7回並べはあくまでも前菜なのだ。

 そう考えることで乗り切ろう。

 

 それに実際にやってみると、それほど大変でないということに気づくはずだ。

 慣れというものは、おそろしい。

 事実、私シュうぇッチマンにとっては、歯磨きとそれほど変わらない。

 

 あと、付け加えるなら、これが面倒でなくなることが強くなった証拠ということ。

 将棋体力がついたというふうに言えると思う。

 記号に慣れ、一局の流れに慣れ、毎日の勉強に慣れ、脳内並べに慣れるのだから。

 

 何をどのくらいやれば強くなるのか分からなかった時代に比べれば恵まれている。

 私シュうぇッチマンの体感だと、R200は強くなるはず。

 中級者、上級者なら、もっと上がるかもしれない。

 ペースは、3か月で20局くらいが理想。

 

 個人差はあるし、合う合わないもないとは言えない。

 しかし、観る将の方とは、かなり相性がよい方法ではないだろうか。

 

 penguinsさんのような方のブレークスルーになれば幸せである。 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online