「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【終盤】何もさせない投了図 鬼手仏心

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 ピリ将ブログ 前回の記事
www.piri-girl.online 

www.piri-girl.online

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

 

【終盤】何もさせない投了図

 

 

 めずらしくエキサイトさせられた対局から。

 先手が、私シュうぇッチマン。

 

 エキサイトさせられた理由は、将棋のセオリーに反した序盤戦。

 居玉で、絶対にありえない超乱戦を仕掛けてきたから、本気で応戦。

 そうしたら、完膚なきまでにやっつけてしまう結果に。

 

 

 相手が有段者だったから本気を出したが、気の毒だったかも。 

 

投了図

f:id:Shouldgo:20180602222252p:plain

 

 将棋指しは、性格が悪いという説がある。

 私シュうぇッチマンも、この説は半分当たっていると思う。

 けれども、半分は当たっていないようにしないといけないと考えている。

 (歯切れよく、当たっていないと言えないところが悲しい。)

 

 この投了図など、我ながら典型的に鬼畜な指し方となった。

 しかし、この香打ちは、何度同じ局面を出題されても打つと決めている。

 こういうときの勝ち方は、ポリシーを決めておいたほうがいい。

 

 いろいろな決め方があったが、基本に忠実に。

 ここでいう基本とは、自玉の安全/駒得/相手玉の寄せの3点セット。

 言い換えれば、最小のリスクで最大のリターンを、だ。

 

 この局面は、もちろん、圧倒的に先手の駒得。

 しかも、いちばんの急所は、後手の歩切れ。

 だから、それを主張した投了図にしてみたというわけ。

 

 成香の逃げ場がないし、逃げ場があったとしても後手玉が詰む。

 

 いや、別に鬼畜っぷりをアピールしたくて、この図を紹介するのではない。

 私シュうぇッチマンは、元来そんなに悪趣味ではない。

 こういうとき、全駒にする輩もいるが、それはいけないこと。

 相手を必要以上に深追いしてはいけないよ。

 

 ここでは鬼畜アピールではなく、ただ、将棋の基本をお伝えしたいと思った。

 この投了図に込めたメッセージは、次のとおり。

 

・「序盤から無理はしない」

・「アマなら居玉は避けよ」

・「不利になっても暴発するな」

・「歩のない将棋は負け将棋」

・「駒得は裏切らない」

・「下段の香に力あり」

・「安い駒から考える」

・「駒得と速度の両立」

・「相手の嫌がる手を指す」

 

 なおも指し継ぐなら、△6二銀だろうが、成香をいただき、飛車を打てば勝ち。

 

 対戦相手がこれに懲りて強くなってくれたら、うれしい。

 懲りないようなら、読者が代わりに強くなってほしい。

 

 将棋と性格の話。

 盤上では鬼に、盤外では仏に徹するのが鉄則。

 盤外で仏になりたかったら、盤上では鬼になろう。

 盤上で鬼になりたかったら、盤外では仏になろう。

 

 【鬼手仏心】 外科医は鋭利な刃物を用い手術をするが、その目的は人の命を救うことにあるという意味。

 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online