「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【終盤】王手竜取りを「詰めろ&詰み」で回避せよ

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 ピリ将

www.piri-girl.online 

続ピリ将

www.piri-girl.work

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

 

【終盤】王手竜取りを「詰めろ&詰み」で回避せよ

 

 今回の問題図は、こちら。

 

f:id:Shouldgo:20180601190746p:plain

 

 横歩取りの将棋で、先手が私シュうぇッチマン。

 今、後手が△6四香と打ってきたところ。

 

 いわゆる間接王手竜の合駒責め。

 激痛どころの騒ぎでない。

 

 と思いきや、この将棋、私シュうぇッチマンの勝ち。

 わざとこの局面に誘導したのである。

 

 以下、ネタばれ注意。

 正解は、もちろん、

 

 

 

 

 

 

 

  ▲5四桂

 

f:id:Shouldgo:20180604094215p:plain

 

 「王手は先手」だ。

 

 受けがないときは、攻める。

 否、受けがないときは攻めつつ、受けるが正解。

 

 終盤にかぎらないが、攻めか受けかの二者択一は選ばないのが吉。

 ただ、とりあえず、表面上は、攻めることにはなる。

 

 以下、水面下の発想にも、ご注意あれ。

 この辺りが理解できるようになると、棋譜並べも効果が上がる。

 

 以下、△3三玉には、▲2八香と打つ。

 

f:id:Shouldgo:20180604094256p:plain

 

 これだけで2筋、制圧。

 これが、詰めろであると同時に、受けにも働く。

 後手は、先に香を手放したことが祟っている。

 

 △6七角成は、せっかく香車で取れる竜なので、やりにくい。

 と、相手の心理も読む。

 

 というわけで△2四歩だが、▲1五銀と詰めろの連続で迫る。

 

f:id:Shouldgo:20180604094335p:plain

 

 級位者の方は、これらを「攻め」と思われるかもしれない。

 否、持ち駒をどんどん投入して厚くし、自玉を安泰にしてもいる。

 

 △2三銀で受かっているようだが、構わず▲2四銀と突撃。

 △同銀▲同香△同玉と進む。

 

f:id:Shouldgo:20180604094454p:plain

 

 ここで佐藤紳哉先生のエンジョイ将棋を思いだそう。

 駒の交換も戦果だよ、と。

 

 攻めの駒と守りの駒は、攻撃有利。

 香車は取られたが、歩の次に安い駒で手番を買ったと思おう。

 

 

NHK 将棋講座 2018年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHK 将棋講座 2018年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

 

NHK 将棋講座 2018年 5月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHK 将棋講座 2018年 5月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

  

NHK 将棋講座 2018年 6月号 [雑誌] (NHKテキスト)

NHK 将棋講座 2018年 6月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

 

 

 ▲1六桂△3三玉▲2四銀と、少し王手を入れておく。

 

f:id:Shouldgo:20180604094611p:plain

 

 △4四玉には▲6二桂成と慌てない。

 こちらは詰めろで、勝ちなのだから。

 場合によっては、自玉を逃がしつつ、竜を逃げることを考えればいい。

 (これ、大事!)

 

f:id:Shouldgo:20180604094631p:plain

 

 それはたまらんと△6七香成と初志貫徹の形づくり。

 だが、もちろん▲5四金までで勝ち。

 

f:id:Shouldgo:20180604094718p:plain

 

 王手&詰めろで迫り、王手竜を凌いだ一局となった。

 3六の角が勝利の立役者。よくやった。

 取られそうな竜も、最後の最後まで、よく頑張ってくれた。

 

 

詰めろの重要性

 どうして、この図を紹介したかというと、2つ理由がある。

 

 1つは、攻めと受けは表裏一体であるということを伝えたいから。

 もう1つは、詰将棋ではなく、詰めろ将棋なんだということを強調したいから。

 

 プロ棋士の解説を聞いていると、必ず出てくるのが詰めろ。

 「これは詰めろですね。」

 「これは詰めろですか。」

 

 こういうコメントもある。

 「これは詰みまであるかもしれません。」 

 

 詰みよりも、詰めろ重視。

 当たり前で、詰めろをかけないと、詰みはないのだから。

 

 でも、アマは詰将棋命だから、そこの感覚が転倒している。

 詰めろをかけていないのに、詰みがあるかなと、倒錯したことを言う。

 

 詰めろの利点は、受けにもなるということ。

 詰めろがかかっていないところで詰めろをかければ、相手は攻めて来られない。

 詰めろ逃れの詰めろ以外は。

  

 

 

これだけで勝てる 将棋 終盤のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

これだけで勝てる 将棋 終盤のコツ (マイナビ将棋BOOKS)

 

 

将棋・終盤の教科書 (将棋の教科書シリーズ)

将棋・終盤の教科書 (将棋の教科書シリーズ)

 

 

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21)

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21)

 

  

羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21)

羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21)

 

  

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)

 

 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online