「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【序盤】飛ばすか飛ばさないか ペース配分と乱戦模様

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 ピリ将
www.piri-girl.online

続ピリ将

www.piri-girl.work

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

 

【序盤】飛ばすか飛ばさないか

 

ペース配分の問題

  言われるまでもないとは思う。

 が、序盤のペース配分には、気をつけたほうがいい。

 特に、最初の数手は、スロースタートをオススメする。

 

 早指しを意識して、最初から飛ばすと痛い目に遭う。

 最近の序盤は油断がならない。

 まして、アマはなおさら。

 

 ピリ将では居玉は禁止している。

 しかし、最近は居玉で仕掛けてくるものも、少なくない。

 だから、何をやられるものだか、わかったものではない。

 警戒するに越したことはないと思う。

 

 将棋には序盤から悪くなる変化が多くある。

 だから、警戒する。

 

 高速棋譜並べの問題点は、この辺りをぶっ飛ばしてしまうところ。

 けれども、実戦ではたとえ2分、3分切れ負けだとしても、抑える。

 

 初手と2手目は、パッと指しても問題はない。

 問題は3手目や4手目からの数手、十数手だろう。

 ここで一局の骨格が決まる。

 つまり、最初の勝負どころ。

 

 ここで、相手のねらいを考え、全体の構想を練る。

 もちろん、相手の隙があれば、それを突くことも考えたい。

 

 ある程度の全体像が見えてからは、飛ばす。

 序盤で時間を使いすぎるのも考えものだから。

 

 序盤の序盤スロー、序盤の中盤クイック、序盤の終盤スロー 

 

 私シュうぇッチマンの場合、こんなイメージ。

 ただし、よほど研究熱心な方で、整理できている方は、この限りでない。

 

 

序盤からの乱戦には?

 序盤から乱戦を仕掛けてくる相手がいるとしよう。

 どうする?

 

 この問題は各自、事前に考えておかなければならないことの1つだ。

 

 私シュうぇッチマンの場合について、書いておこう。

 いつも、次の4か条と決めている。

 

 1.基本的に、チャンスは3回見送る。

 いわゆる大山語録。

 ただ、大山康晴十五世名人に「基本的に」という前置きはない。

 その点がすばらしいところだが、現代将棋では、とても真似できない。

 だから、「原則」「基本的に」という枕詞を付けている。

 

 2.相手から挑発されれば、乗る。

 基本は見送るのだが、乗ることも多い。

 売られた喧嘩は買うというわけだが、むろん条件がある。

 明らかに相手のねらいにハマる形は避けるというのが、それ。

 相手のねらい通りに負かされるのは嫌なので、変化する。

 つまり、相手の挑発を上回る乱戦にできるときは、これを買う。

 「変な手を指すやつ、お仕置きだべさ。」

 

 3.挑発に乗るときは、絶対に気合い負けしない。

 強情を貫き、ノーガードで撃ち合う。

 弱気になったほうが負け。

 そして、最後に、参ったかと胸を張る。

 

 4.どこかで落ち着ける。

 しょせん小競り合いなので、先に大人になったほうが勝ち。

 どこで乱戦を落ち着かせるかを常に考えておく。

 

 実践例:

https://noike.info/yourls/w3t5ifuegh

 

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online