「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【持ち時間論】ペース配分論(1) 時間の使い方は真逆がいい

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

 ピリ将
www.piri-girl.online

続ピリ将

www.piri-girl.work

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

 

【実戦・棋譜並べ】ペース配分論(1) 

 

ペース配分論とは

 Pピリ将ブログ、ペース配分論はじめました!

 冷やし中華は、もうしばらくお待ちください。(やるんかいっ!)

 

 いつも思うことだが、将棋は他分野を参照するということをしない。

 いや、実践しているのかもしれないが、それを言語化しない。

 将棋の本やブログは、将棋の話ばっかり。

 本当にオタクばっかりなんだから、いやはや。

 本当に、将棋がお好きなんですね。(満面の作り笑顔)

 

 たとえば、マラソンや自転車レースなどが、ペース配分論は先駆者。

 「ペースアップ」「オーバーペース」「マイペース」

 このような専門用語がバンバン出てきます。

 もちろん、「ラップ」という単位は、当然です。

 この連載では、今後このあたりも研究していきます。

 

 人間は、とにかく時間に弱い。

 だから、レースをする人間は、ペース配分に気を遣っている。

 心拍数などとの兼ね合いから、科学的にペースを導き出す。

 

 ところが、将棋界は、持ち時間というルールがあるにもかかわらず、無頓着。

 どうしてなんだろう?

 

 もちろん、プロ棋士は時間をかなり意識している。

 私たちアマチュアも、意識していないわけではないのかもしれない。

 

 けれども、完全個人競技なので、その意識が甘い。

 隣に鬼コーチやかわいいマネージャーがいない分、甘くなりがちだ。

 なんと、孤独なゲームなのだろう、将棋は。

 

 もうすぐ将棋年鑑が発売される季節。

 楽しみだ。

 

 最近、棋譜集の時間を徹底的に分析するようになってきた。

 NHK杯なども、ストップウォッチを持って、計時している。

 どういう手をどういう時間の使い方で指すのか。

 長年将棋に打ち込んでいる方々の、体で覚えた時間感覚を盗み取る。

 

 他人のネット将棋なども、同様に時間を計測する。

 もちろん、手の善悪も見ているが、時間をメインに観戦する。

 

 ソフトにかけ、悪手率を調べる。

 そして、悪手ポイントと時間の相関を精査する。

 もうやりすぎじゃないかというほどに、時間の研究に没頭している。

 憑かれているといっていい。

 

 アマチュアの級位者や低段者の場合、長考すると、悪手が多い。

 これはデータからしても、歴然としている。

 

 このことは、何を表しているのか。

 ここの分析が重要だが、派手な悪手を指すときに考えているということ。

 つまり、無理しようとするときに、長考するということが分かってきた。

 

 私シュうぇッチマンの結論だが、、妙手はパッと直感で指したい。

 反対に、無難な手をしっかり考えて指す。

 

 そういう、通常とは真逆の時間の使い方が、強い人の特徴と言える。

 

 長考は、基本的にブレーキの機能。

 ある魅力的な、しかし、罠の多い手への蠱惑を思いとどまるための時間。

 

 だから、長考したときは、無難な手を指す。

 アマチュア棋士の弱い人は、みんな自滅。

 自滅しないように指そう。

 

 最悪なのが、迷い。

 迷いは時間の無駄。

 決断よく指して、分かりきったところで冷静に先のイメージを展望しよう。

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online