「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【持ち時間論】ペース配分論(4) 「わがままペース」を支える3つの基礎力

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

ピリ将

www.piri-girl.online

続ピリ将

www.piri-girl.work

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

 

【実戦・棋譜並べ】ペース配分論(4) 

 

「わがままペース」を支える3つの基礎力

 「マイペース」は、「とろい」や「のんびり」の同義語。

 おそらくそう思っている方も多いだろう。 

 

 ここでは「ユアペース」の対義語として用いている。

 だから「ユアペース」が早ければ、「のんびり」の意。

 反対に「ユアペース」が遅ければ、「早い」の意にもなるだろう。

 

 ただ、紛らわしいので、「わがままペース」と言い換えておく。

 

 これも誤解を招きそうなので補足すると、「わが思いのまま」ペースの略。

 ペースを相手主導でなく、自分自身が主導する。

 あくまでも、そういう意味なので、あしからず知っておいてください。

 

 さて、「わがままペース」を支える3つの基礎力について述べよう。

 

 1 一定のペースを保つ力

 2 早指し力

 3 終盤力

 

 1は、前回解説したとおり。

 調整不足、トレーニング不足を補うのは、一定のペースを保つことに尽きる。

 

 2も、非常に大事。

 早見え早指し派になれなければ、アマ棋界ではとても生きてはいけない。

 ただし、ここでいう早指し力とは、そんなに大それた能力ではない。

 このことを今日は強調しておきたい。

 

 先日、ある対局で、勝ちを拾った。

 いや、具体的に述べよう。

 こっちは、必敗の局面。

 「あとは好きにしておくれ。」

 こっちは、そんなまな板の上の鯉の心境。

 

 そんな局面で、飛金両取りをかけられた。

 両取り逃げるべからずというが、私シュうぇッチマンは自陣の飛車を横へ逃がす。

 「ヘボ将棋、王より飛車をかわいがり」

 まるで川柳のような屈辱。

 相手は金を取り、さらに私シュうぇッチマン玉に詰めろをかける。

 

 私シュうぇッチマンは、逃げた飛車を敵陣へ成り込み、王手をかける。 

 実は、相手玉はこれで詰んでいた。

 そう、トン死。

 相手氏、無念の投了。

 

 アマの早指しは、プロの早指しとは、無関係。

 そう、ミスやポカやトン死をしないことが、アマの早指しの唯一の条件。

  

 もう1局。

 ソフトで解析したら、お互いの手に「敗着?」がやたら表示された。

 もちろん「疑問手?」「悪手?」の表示多数であることは言うまでもない。

 言葉を失い、凹むしかない。

 

 まさに、名人戦ならぬ「迷人戦」の趣だ。

 形勢は二転三転どころではなく、猫の目のように、クルクル変わる。

 

 ところが、唯一の光明は、終盤戦。

 私シュうぇッチマンは、終盤になると、なんとノーミスだった。

 いわゆる一致率が、別人28号と交替したかのように、グッと上がっていた。

 「将棋は、終盤!」

 

 なお、ここでいう終盤力とは、詰将棋の能力ではない。

 1時間かけて長手数の詰みを見つけたところで、アマには無用の長物だから。

 長い詰みより、短い必至。

 

 わがままペースを支える3つの基礎力は、一定のペース・早指し力・終盤力だ。

 端的にいえば、時間と終盤力。

 

 相手を間違えさせて、こちらは間違えない。

 そんな力をつけることが、アマで結果を出すための最優先課題と言えよう。

 

 

◎私シュうぇッチマンが謝辞を捧げる終盤本たち

終盤の定跡〈1 基本編〉 (週将ブックス)

終盤の定跡〈1 基本編〉 (週将ブックス)

 
終盤の定跡〈3 実践編〉 (週将ブックス)

終盤の定跡〈3 実践編〉 (週将ブックス)

 
佐藤康光の実戦で使える囲いの急所 (NHK将棋シリーズ)

佐藤康光の実戦で使える囲いの急所 (NHK将棋シリーズ)

 
読むだけで強くなる終盤のコツ130 (パワーアップシリーズ)

読むだけで強くなる終盤のコツ130 (パワーアップシリーズ)

 
逆転の妙手 上級編 (マイナビ将棋BOOKS)

逆転の妙手 上級編 (マイナビ将棋BOOKS)

  
寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

 
凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

 
美濃崩し200 (最強将棋レクチャーブックス)

美濃崩し200 (最強将棋レクチャーブックス)

 
マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死

マイコミ将棋文庫SP 将棋・ひと目の必死

 

 

これらを「繰り返す」だけで、私シュうぇッチマン程度の終盤力は身につくよ。

(もちろん、これらに詰将棋の本が数冊加わることはいうまでもない。)

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online