「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は一切なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【持ち時間論】ペース配分論(6) ヒューチャーペーシング

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

 

 

ピリ将

www.piri-girl.online

続ピリ将

www.piri-girl.work

ピリ兵

www.mag2.com

 

 

 

【実戦・棋譜並べ】ペース配分論(6) 

 

ヒューチャーペーシング

 予習というと、味気ない。

 未来の理想を生き生きと想像してみること。

 これを「ヒューチャーペーシング」と呼ぶ。

 ジェイ・エイブラハムの用語だ。

 

 将棋が強くなった自分自身を具体的にイメージしよう。

 そうはいっても、なかなか具体的にイメージできないかもしれない。

 そういうときは、誰か、お気に入りの棋士をお手本にするとよい。

 

 私シュうぇッチマンは、よくこれをやる。

 「私には大山十五世名人が乗り移っている」と自己暗示をかける。

 私シュうぇッチマンが受け将棋になったのは、この自己暗示が大きい。

 

 

 自分より強い人が現れるたびに、その人を目標に定める。

 そして、その人より強くなっていく。

 これをレヴィ=ストロースの言葉を借りて、包摂=食人的アプローチと名づける。

 どんどん強い人を食っていく。

 そして、どんどん強くなっていく。

 こういうイメージの持ち方をすると、グングン強くなっていく。

 

 負けても気にならなくなるのがいい。

 相手の手をよく観察できるようになるのもいい。

 

 しかも、盤上でもヒューチャーペーシングは可能とくる。

 こんな局面が来たらいいな。

 ゴールをイメージし、そのような局面へ誘導する手段を考える。

 持ち時間のバランスがこういうふうになればいいな。

 そんなゴールをイメージすれば、まさにヒューチャーペースだ。

 相手より1分時間を余らせよう。

 こんなゴールをイメージするのだ。  

 

 昭和の若者は未来に希望があった。

 だから、がんばれた。

 平成の若者は未来に希望がない。

 だから、がんばれない。

 当然だろう。

 

 しかし、未来像の描き方さえ知っていれば、どんな時代でも未来は描ける。

 今の自分より少しだけ前向きで、少しだけハイレベルな自分を想像するのがコツ。

 詳しくは、次回、述べることにしよう。

 

  ちなみに、強くなれなかったときの惨め感も同時に想起するのも大事。

 「このまま100連敗するのか? それとも、強くなって29連勝するのか? どっち?」

 こういう問い方がベスト。

 

 米朝首脳会談の最後で、トランプが金正恩に2種類の映像を見せたのは、このヒューチャーペーシングを応用している。

 

 「北朝鮮はこのまま餓死するのか、それとも、平和で豊かな社会を実現するのか、どっち?」

 

 

▲ピリ将ホームページ

xn--rdk1bu28r.online