「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【終盤】桂馬のふんどし 略して「けいふん一丁!」をねらう

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

  

 

  

ピリ将ブログwww.piri-girl.online

続ピリ将ブログ

www.piri-girl.work

ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online

ピリ兵メルマガ(毎週水曜日つまり本日!)

www.mag2.com

 

 

【終盤】桂馬のふんどし 略して「けいふん」をねらう

 

 

 私シュうぇッチマンの将棋部時代の友人Oは、桂馬のふんどしが大好き。

 打つときは、必ず「けいふん一丁」とエフェクト付き。

 まだ将棋ウォーズどころか、ソフトすらなかった古い時代のお話。

 もちろん、公式戦ではなく、練習将棋でのお話だよ。

 

 時代はめぐって、ソフトもまた「けいふん」大好き。

 そんな影響を受けて、最近、私シュうぇッチマンも「けいふん」ねらい。

 

 実戦をご覧に入れよう。

 

図1

f:id:Shouldgo:20180618172527p:plain

 

 図1は、後手が角を重ねてきたところ。

 攻防の角だ。

 

 先手の居飛車が、私シュうぇッチマン。

 戦型は、もちろん対抗形だが、相手が玉頭銀を見せてきての大乱戦。

 

 形勢判断をしてみよう。

 ここでは飛金交換の駒損ながら、玉形が大差。

 相手は片美濃、こちらは四枚美濃だ。

 

 こちらに遊び駒はないのに対し、相手の2四の銀が負担になっている。

 手番は先手番なので、ここでよい手があれば先手よし。

 

図2

f:id:Shouldgo:20180618172537p:plain

 

 私シュうぇッチマンは、▲6二歩と叩きを入れた。

 この歩が妙に受けにくいのだ。

 

 ふつうは△同角だが、そうすると自玉が緩和される。

 その後は、▲5三歩の予定だった。

 これを△同角なら、「けいふん一丁!」

 ねらいの▲4五桂という両角取りが決まる。

 

 そこで、相手は△同玉と美濃から出てきた。

 8二へ入るところを、6二へ戻ってくる。

 こうなれば、歩を叩いた甲斐もあるというもの。

 自玉は8筋、相手玉は6筋。

 あとは角筋を緩和しさえすれば、有利になるはず。

 

 図2以下

 △6二同玉 ▲3二竜  △5二歩  ▲5三歩

 △4二歩  ▲5二歩成 △同金 

 

 そして、ねらいの「けいふん一丁!」が炸裂する。

 

 ▲6四桂

 

図3

f:id:Shouldgo:20180618172536p:plain

 

 もともと大差である玉形にさらに差をつける戦略。

 相変わらず、相手の二枚角は強力だが、カナ駒を剥がせる得も大きい。

 

図4

f:id:Shouldgo:20180618172539p:plain

 

 図4は、図3から進行しての最終盤。

 角を1枚取っているが、玉を上へ逃がしてしまっているようにも見える。

 しかし、ここで、ねらいの一手があった。

 

  「けいふん、もう一丁!」

 

 ▲5六桂とただのところへ打つのが、読み筋。

 合駒を責める。

 

 △同玉は▲4四竜と角を取りながら、竜を引きつけられるので、入玉阻止。

 万が一つ、入玉されたとしても、点数でも勝てるだろう。

 

 図4以下は、

 △5五銀 ▲4四桂  △同銀  ▲同竜

 △同玉  ▲2四角成 △3三金 ▲2二角(図5)

 

 竜は切って、玉を引きずり降ろす。

 ▲2二角(図5)の間接王手が級位者にも覚えてほしい手。

 ここに打てば、2四の馬が結果的に合駒を責めていることになる。

 

図5

f:id:Shouldgo:20180618172545p:plain

 

 △3二飛▲3三角成△同飛▲4六銀以下、先手が寄せきった。

 

投了図

f:id:Shouldgo:20180618175014p:plain

 

 相手も意地とばかりに「けいふん一丁!」を放ってきた。

 しかし、金銀8枚を確保したまま、先手の圧勝となった。

 

 

 

ピリ将イベント

日時:2018年7月15日(日)午前10時から

場所:アットビジネスセンター東京駅(東京駅八重洲中央口から徒歩6分)

 

内容:初段になるための上達法(技術からメンタルまで)

講師:細島みろく(シュうぇッチマン)

 

費用:非営利なので無料(ただし教材費〔会場費〕5,000円が必要)

定員:初心者・級位者 あと数名(早い者勝ちです)

お申込み・お問合せ:ホームページの専用メールフォームをご利用下さい。

 

 

 ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online