「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【初の自戦記】Pピリ将イベント1か月前 初段になる実戦あの手この手(後)

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

  

 

  

  

 

Q クイズです。

 いよいよあと1か月を切りました。

 Pピリ将イベントに参加するとき、どの媒体を参照するでしょうか? 

 

 ピリ将ホーム〇ージ

 

 

ピリ将ブログ

www.piri-girl.online

続ピリ将ブログ

www.piri-girl.work

ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online

ピリ兵メルマガ

www.mag2.com

ピリ将 シュうぇッチな本棚

piri-girl.hatenablog.com

 

 

【自戦記】初段になる実戦あの手この手(後)

 

 昨日の続き。

 

 再掲3図(▲2四飛まで)

f:id:Shouldgo:20180620203444p:plain

 

 3図以下の指し手

 △7五銀  ▲2一飛成 △3一金  ▲1一竜

 △8六歩  ▲2三桂  △8七歩成 ▲3一桂成

 △同角   ▲8七金  △8六歩  ▲9七金

 △7七桂  ▲同桂   △同歩成  ▲同角

 △7六銀  ▲3三角成 (4図)

 

4図(▲3三角成まで) 

f:id:Shouldgo:20180620210028p:plain

 

 「両取り逃げるべからず」という。私シュうぇッチマンなら、3図では△5六歩とおまじないで一発叩いておくと思う。受けるにしても、△2三歩を選ぶ。玉の近くに竜を作られるのを嫌うからだ。以下、▲8四飛△6一金として、▲8三飛成なら△8二飛とぶつける手をねらう。(▲8五飛でも△7三桂を入れて、やはり飛車ぶつけをねらう。)とはいえ、本譜もなかなかの攻撃で感心させられた。△8六歩を手抜きするのはさすがに驚きだろうが、彼我の陣形差を考え、受け流すほうが得策と判断した。「合駒は責めよ」の▲2三桂が厳しい。金を取れれば、勝ったも同然。反対に「金は逃げよ」で、△8六歩に▲9七金と反対方向に逃げておくのが、とても、とても大事な辛抱。△7六銀には頃合いとばかりに、角を成り込み、これが▲4二金または▲3一飛成から頭金の詰めろになっている。

 

4図以下の指し手

 △5一銀  ▲7六銀  △3二歩  ▲6六馬

 △5四桂  ▲5三桂  △5二玉  ▲6一桂成

 △6六桂  ▲5一成桂 △5三玉  ▲5四歩

 △6二玉  ▲6一成桂 (5図)

 

5図(▲6一成桂まで)

f:id:Shouldgo:20180620211956p:plain

 

 △5一銀が飛車の横利きを生かした絶妙のしのぎ。△5四桂には▲7七馬と受けるのがいつものやり方だが、今回は華やかな魅せる手を指そうと決めていたので、馬をくれてやって、成桂の押し売りが連続する曲芸を演じてみた。成桂が6一と5一を反復横跳びしている! これを取ると、もちろん、▲3一竜と角を取りながら、王手で手番を取ろうという魂胆である。

 

5図以下の指し手

 △7三玉  ▲6六銀  △2二角打 ▲3一竜

 △同角   ▲7四歩  △8二玉  ▲8五香 (投了図)

 

 まで、81手で▲シュうぇッチマン四段の勝ち。

 

 

投了図(▲8五香まで)

f:id:Shouldgo:20180620212804p:plain

 

 最後は香打ちが痛打。合駒が飛車しかないのでは投了もやむなし。△8三飛▲同香成△同玉▲8四歩△同玉▲8五飛△7六玉▲8四金までの即詰みがある。△9二玉なら▲8三金まで。香を打たず歩を叩く手もあるだろうが、最後は大山流の盤外戦術で、相手の心を折るというか、精神的にダメージを与えることも勝負の世界なので必要。次の対局のために、イヤなイメージを植えつけておくわけだ。(これには実はよい副産物があって、終盤でしっかり考え、終盤の精度向上に資するという意味もあると私シュうぇッチマンは考えている。ただの意地悪ではない。*1

 一局を振り返ると、棒銀を離れ駒にしてしまったことが致命的な十字飛車を招いてしまい、悔いが残る結果となった。嬉野流のいわゆる土下座の歩があれば、こういう展開になっていないので、そういう意味でも定跡の浅い理解は命取りと言えるだろう。両取りを放たれたときの対応も課題と言える。不利になったら、せめて一発歩を叩くくらいのことは一考してほしい。また、どちらを取られる方が厳しく、どちらを取られる方がリスクがより逓減できるかをしっかり腰を落として考えてほしい。自身の攻めを過信し、相手の攻めを軽視するかぎり、上へは行けない。攻めと受けのバランスも向後のテーマと言えるだろう。とはいうものの、△5一銀など、随所に光る手も多く、初段はすぐそこだ。これからの活躍を応援したい。

 

 

 

 クイズの答え

 

 A 正解は、カトちゃん「ペ」でした。

 

 

ピリ将イベント

日時:2018年7月15日(日)午前10時から

場所:アットビジネスセンター東京駅(東京駅八重洲中央口から徒歩6分)

 

内容:初段になるための上達法(技術からメンタルまで)

講師:細島みろく(シュうぇッチマン)

 

費用:非営利なので無料(ただし教材費〔会場費〕5,000円が必要)

定員:初心者・級位者 あと数名(早い者勝ちです)

お申込み・お問合せ:ホームページの専用メールフォームをご利用下さい。

 

 

 ピリ将ホームページ
xn--rdk1bu28r.online

*1:5五将棋のCPU相手に全駒をするトレーニングを始めてから、別解を見つける能力が上がり、終盤の精度も上がったから言えることである。