「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【実戦詰将棋】変化に富む9手詰め 脳内将棋盤トレーニング用

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

暑中お見舞い申し上げます。

そして豪雨災害に被災したすべての方々に、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

 

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

  

 

 

 

 【実戦詰将棋】変化に富む9手詰め

 脳内将棋盤トレーニング用

 

 

 私シュうぇッチマンの実戦(相雁木)から。

 データベースに登録するため、5手詰めにしようと思ったが、断念した。

 9手詰め。

 

 上級者~有段者は、中々よい練習になるので、変化も読み切ってほしい。

 私シュうぇッチマンは、脳内将棋盤トレーニング用として、これを採用する。

 対局者のP二段に感謝。

 

 

問題図

f:id:Shouldgo:20180726200101p:plain

 

 以下、ネタばれ注意!

 正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▲3二桂成△同金▲4四角△2四玉▲3三角打

 △同金▲同角成△1四玉▲1五金 までの9手詰。

 

3手目▲4四角

f:id:Shouldgo:20180726195915p:plain

5手目▲3三角打

f:id:Shouldgo:20180726195732p:plain

7手目▲3三同角成

f:id:Shouldgo:20180726200512p:plain

9手目▲1五金

f:id:Shouldgo:20180726195821p:plain

 

 

再掲問題図

f:id:Shouldgo:20180726200101p:plain

 

 

 上級者以上には、脳内将棋盤の訓練にちょうどよいので、変化も解説しよう。

 (あえて盤面図を省く。難しい人は、実際に盤に並べてみることをすすめる。)

 

初手の変化

 初手▲1五角の変化からして、やや難解である。まず後手の応手が、

  i △4三玉

  ii △2四歩

 に分岐している。

 i△4三玉から、行こう。

 ▲5三金では詰まない。△同玉▲5一飛成△6三玉▲6二竜△7四玉と上部に逃げられ手駒が足りず、負け。

 △4三玉には▲4二角成△同玉▲5一飛成△4三玉▲5二竜△3三玉▲3四銀△同玉▲4五銀△2四玉▲2五金△3三玉▲3四金までの15手詰。

 ii△2四歩も、単純ではない。

 ▲3二桂成△同金▲4四角△2三玉▲2一飛成△2二桂▲3四銀△1四玉▲2五銀打△同歩▲同銀△1五玉▲1六金までの15手詰。途中▲3四銀に△同玉なら▲3二竜△4四玉▲4三金までの13手詰。

 

3~4手目の変化

 

 3手目▲4四金だと、△2二玉と逃げられて困る。

 4手目△4三玉なら、▲5三金で早詰み。

 

5手目の変化

 5手目▲2五金なら、△同銀▲同歩△1四玉▲1五銀△同玉▲1六歩△2六玉▲1五角までの11手詰。

 

 ただし、△1四玉では△2五同飛成がある。以下、▲3三角打△1四玉で詰まない。

 

6~7手目の変化

 6手目△3三同金で△1四玉は▲1五金で早詰み。 

 7手目▲3三同飛成も詰むが、手数がかかる。たとえば△1五玉なら、▲1六金△1四玉▲1五金打までの11手詰。△1四玉でも、▲1五金△同玉▲1六歩△2六玉▲1七金まで13手詰、または▲3四竜△1五玉▲2五竜の11手詰でも詰む。

 

 

 いかがだったかな?

 後半の変化は、続ピリ将に載せるべきだったレベルなのかもしれないが、たまにはよいだろう。

 もちろん、以上がすべての変化というわけではなく、説明を省いたところもあるけれども、私シュうぇッチマンは、このように変化もなるべく隈なく読むように心がけている。追体験していただけたら幸いである。

 

 

ピリ兵メルマガ!

www.mag2.com