「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【実戦論】駒損しないで勝て! 初級者のための勝負論

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

暑中お見舞い申し上げます。

そして豪雨災害に被災したすべての方々に、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

 

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

  

 

 【実戦論】駒損しないで勝て!

 

 

 

 将棋を強くなることと、将棋で勝てるようになることとは違う。

 多くの初級者は、手っ取り早く勝てるようになりたいと願っている。

 そうしないと、将棋を好きになりたくても、なれないから。

 

 そのような人々は、やがて将棋界を去るか、悪に手を染めることになる。

 ようこそ、奇襲戦法 & ソフト指しの楽園へ。

 

 いや、しかし、ピリ将では、正攻法で勝てるようにしてさしあげたい。

 そこで、以下、初級者のための勝負論を展開し、方針を提示する。

 

森下卓先生の名言 

 将棋を勝てるようにするために必要な奥義。

 それが「駒得は裏切らない」という森下卓先生の名言中の名言だ。

 

 詰将棋や棒銀戦法は、すべて駒損を是とし、前提とする指し方。

 そのような危険なものを初心者に勧める将棋界は、クレイジー。

 

 さすがに、これは言い過ぎだが、もっと駒得を強調したい。

 たしかに、詰将棋や棒銀も強くなるためには、必須の勉強法である。

 しかし、勝率を上げる勉強法かと問われると、私シュうぇッチマンは口ごもる。

 

 「女性は駒得が好きだから」

 今どきこんな差別的な発言をする棋士は、指導の現場から追放しよう。

 

 女性も男性も、アマでもプロでも、駒得は大好きだと胸張って言えなきゃおかしい。

 駒得は、誰でも好きなものなのである。

 あなたが勝ちたいからといって、級位者にウソを教えてはいけない。

 

 さて、形勢判断の三要素。

 駒の損得、駒の効率、手番。

 この三要素は、いずれも重要だし、状況によっても重要性は変化する。

 場合によっては、駒の損得を度外視する例外も出てくる。

 しかし、三要素すべてを大事にすることが、強さと勝率を両立させる王道だ。

 

 初級者の対戦相手は、級位者である。

 言い換えれば、必ず間違えた指し方をしてくる方々。

 上級者や有段者なら、赤子の手をひねるようにして勝てる相手なのだ。

 

 そのような相手なら、正しく指せば、必ず勝てる。

 しかも、まぐれで一発といわず、連戦連勝となるはずだ。

 

 繰り返す。

 初級者は、駒得と駒の効率と手番のすべてを大事にせよ。

 間違っても、駒損することなかれ!

 

 

SL詰将棋革命

 詰将棋を解いたら、解きっぱなしにしないこと。

 復習、反復の習慣をつけるために、下記を提案する。

 

 詰将棋を解いたら、2つに分類すること。

 1つは、実戦で使える詰将棋。

 もう1つは、実戦では使えない詰将棋。

 

 ただし、いわゆる実戦形という話ではない。

 派手な捨て駒があるかどうかという観点で分類していく。

 派手な問題にはL(lavishly)を、堅実な問題にはS(sound)を書き込む。

 

 派手な問題は、参考までに趣味で解き直す感じ。

 堅実な問題は、実戦に備えてガチで解き直す。

 

f:id:Shouldgo:20180801190840p:plain

 

 これは1手詰め。

 ▲5二金までの頭金で詰む。

 駒損なしだから、S。

 

 

シュうぇッチマン作 5手詰め Lの字に角2枚

f:id:Shouldgo:20180801191644p:plain

 

 これは私シュうぇッチマンの新作5手詰めだ。

 飛車を切らなければならないので、L。

 ということにちなんで、盤上にLの字を描いてみたのが趣向。

 

 実戦なら、▲6三飛成と指そう。

 自玉が詰まないなら、こう指すべきだ。

 これが、私シュうぇッチマンの教え。

 

 飛車が利いているので、△同桂とは取れない。

 

 歩得。

 竜を作るのに成功。

 相手玉を狭める。

 角取りにもなっている。

 

 とにかくこういう手に価値を置くようにしよう。

 

参考図

 f:id:Shouldgo:20180801192227p:plain

 

プロ棋士へのお願い

 ここでプロ棋士の先生方へ叩頭してお願いする。

 

 将棋観を根底から覆した入門書を、ご執筆いただきたい。

 初級者が万が一つにも負けない、堅実な手引きをお書きいただきたい。

 

 将来につながるなどとは、考えない。

 たとえば、重篤な病に冒され、あと3か月で、ライバルに勝って死にたい。

 そういう子に勝たせてあげるための本を嘆願する。

 

 一切、駒損することなく、リスクを冒すことなく、勝ちきるための棋書。

 その本の詰将棋は、すべてS型に分類される。

 L型の場合も、即詰みより、堅実な手にポイントを置く解説を行う。

 

 誰もやってくださらないなら、いつか私シュうぇッチマンがやり遂げる!

 

 

★5手詰めの答え

 以下、ネタばれ注意!

 中級者以上のために、正解を記す。

 正解は、

 

 

 

 

 

 

  ▲9二角△9一玉▲7一飛成△同角▲8三桂までの5手詰み。

 

 初手▲7一飛成の手順前後は、△同角なら本譜と同じだが、△同玉で続かない。

 

 

 

 

ピリ兵メルマガ!

www.mag2.com