「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【実戦論】王手しないで勝て! 全駒のすすめ 初級者のための勝負論(2)

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

暑中お見舞い申し上げます。

そして豪雨災害に被災したすべての方々に、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

 

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

  

 

 【実戦論】王手しないで勝て!

 

 

 

 将棋を強くなることと、将棋で勝てるようになることとは違う。

 多くの初級者は、手っ取り早く勝てるようになりたいと願っている。

 そうしないと、将棋を好きになりたくても、なれないから。

 

 そのような人々は、やがて将棋界を去るか、悪に手を染めることになる。

 ようこそ、奇襲戦法 & ソフト指しの楽園へ。

 

 いや、しかし、ピリ将では、正攻法で勝てるようにしてさしあげたい。

 そこで、以下、初級者のための勝負論を展開し、方針を提示する。

 

あべしんさんの名言 

 将棋を勝てるようにするために必要な奥義。

 それが「経済制裁」というあべしんさんの名言だ。

 

「直接攻撃を行わない経済制裁というカードも攻めの引き出しに加えておくと良い」

 

 詰将棋は、すべて王手を是とし、前提とする指し方。

 そのような危険なものを初心者に勧める将棋界は、クレイジー。

 

 さすがに、これは言い過ぎだが、もっと経済制裁というものを強調したい。

 たしかに、詰将棋も強くなるためには、必須の勉強法である。

 しかし、勝率を上げる勉強法かと問われると、私シュうぇッチマンは口ごもる。

 

 「女性は王手が好きだから」

 今どきこんな差別的な発言をする棋士は、指導の現場から追放しよう。

 

 女性も男性も、アマでもプロでも、王手は大好きだと胸張って言えなきゃおかしい。

 王手は、誰でも好きなものなのである。

 けれども、好きであることと、勝負に勝つことは別のこと。

 

 初級者の対戦相手は、級位者である。

 言い換えれば、必ず間違えた指し方をしてくる方々。

 上級者や有段者なら、赤子の手をひねるようにして勝てる相手なのだ。

 

 そのような相手なら、正しく指せば、必ず勝てる。

 しかも、まぐれで一発といわず、連戦連勝となるはずだ。

 

 繰り返す。

 初級者も、あえて王手をしない経済制裁というカードを手に入れよ。

 「王手は追う手」という格言もあるしね。

 

 

abcnshogiblog.com

 

あべしんさんのブログに学ぶ

 あべしんさんのブログは、すばらしい。

 以下は、ほとんど、ここからの受け売りであることをお断りしておく。

 

f:id:Shouldgo:20180802102949p:plain

 

 図をみてほしい。(持ち駒は、便宜上、双方なしとする。)

 王手したほうが負ける例だ。

 

 昨日も述べたが、初級者のうちは、駒損しない習慣を叩き込んでほしい。

 駒を捨てるのは、上級者になってから覚えても十分に間に合う。

 

 もし図で王手をすると、どうなるだろう。

 たとえば、▲2二玉。

 △2二同玉と、玉が取られて、終了である。

 これが駒損&王手=負けの究極形と言えるだろう。

 

 というわけで、最善手は、王手をしない手。

 つまり、正解は千日手、ということになる。

 

  王手をしないで勝つ方法というものがある。

 それは全駒することだ。

 

 ただし、あべしんさんが指摘するように、経済制裁と人道上の諸問題がある。

 だから、私シュうぇッチマンも、対人戦では手加減することをすすめる。

 

 手加減することをすすめるが、全駒という思想は否定しない。

 というより、積極的におすすめする。

 詰まして勝つのではなく、全駒したり、入玉したりして勝とう。

 

 どのくらい手加減するか。

 大事なのは、ここ。

 

 全駒する場合、基準(目安)をあらかじめ決めておいたほうがいい。

 Pピリ将では、以下の原則を提案する。(あくまでも原則ね。)

 

 Pピリ将全駒基準

(1)30~35枚程度のゲットで全駒とみなす。

  (相手の駒は、玉と歩以外にも、盤上2枚、持ち駒2枚は残してあげる。)

(2)自玉は通常の囲いにとどめる。堅すぎる城の建設は禁止とする。

  (堅すぎる城の例としては、金銀5枚以上の矢倉、と金付きの穴熊など。)

(3)と金を5枚以上、つくらない。 

(4)簡単かつ確実な詰みがあれば、詰ます。

(5)切りのいい手数で詰ます。

(6)思い出王手を打たせたら、詰ます。 

 

 ただ、実際は上記に頼らず、自然な形で勝てるように心がけている。 

 やっぱり人道上の諸問題があるから。

 

 とはいえ、本音を漏らすと、途中までは全駒を視野に収めている。

 事実、CPU相手には、全駒の練習を欠かさない。

 

 

ピリ兵メルマガ!

www.mag2.com