「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【定跡】自戦記 カニカニ銀のすすめ

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

暑中お見舞い申し上げます。

そして豪雨災害に被災したすべての方々に、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

 

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

  

 

 【自戦記】カニカニ銀のすすめ 

 

 

 以前、このブログで『なんでも中飛車』という本を紹介したことがある。

 

なんでも中飛車 (将棋必勝シリーズ)

なんでも中飛車 (将棋必勝シリーズ)

 

 

 この本の最後の章には、カニカニ銀が紹介されている。

 奇襲戦法と捉えられがちだが、私シュうぇッチマンは正統派だと思う。

 

 この『なんでも中飛車』、このブログの影響で買ったという方がいて、うれしい。

 

 そこで今日は、とっても楽しいカニカニ銀講座。

 (やられる方は、たまったものではないだろうが。)

 

 私シュうぇッチマン自身のカニカニ銀をお目にかけたい。

 もちろん、始祖・児玉孝一先生の棋譜も並べ、研究に余念なし。

 

 棋譜は、こちらからどうぞ。

https://noike.info/yourls/t5lugfn4mw

 

 

カニカニ銀とは

 銀が4六と6六に上がり、中飛車にするのがカニカニ銀。

 そして、これに端角が加わるのが基本形。

 

 玉は居玉でいい、というより、例外的に居玉がベストなのだ。

 ただし、中央では絶対に負けない不退転の決意は必要。

 

図1

f:id:Shouldgo:20180803211208p:plain

 

※図面の訂正とお詫び

 実戦は先手の歩は2五まで突いている。以下同じ。

 

 

 相手は初心者だなと油断してくるだろうが、思うツボ。

 見た目どおり、破壊力抜群なのだから。

 

 

カニカニ銀成立の条件1

 実は、カニカニ銀が成立するかどうかの条件が、いくつかある。

 詳しくは『なんでも中飛車』を参照していただきたい。

 

 簡略に記すと、2つ。

 1.居飛車時代の▲2五歩に後手が銀で受けてくれること。

 そこで、やっぱり中飛車にしようとなる。

 

 居飛車と見せかけて、振り飛車にするのを陽動振り飛車という。

 古くは升田大山戦でも多いし、今でもB級2組ぐらいで見かける。

 

 初級者で中飛車しか選択肢がないのなら、強引に中飛車でもよい。

 銀で受けてこようが、角で受けてこようが、金で受けてこようが、中飛車。

 それでも陽動中飛車にはなるので、相手のリズムは崩せる利点がある。

 

 けれども、ある程度の棋力があるなら、条件を見極めよう。

 

 最近は、雁木ばやりなので、逆にカニカニ銀がやりやすくなった。

 銀を上がってこなければ、雁木でガンガンが私シュうぇッチマンの方針。

 

 

カニカニ銀成立の条件2

 もう1つの条件は、端角のときに、角を切る展開にできるかどうか。

 もし、アヒル囲いを使ったことがあるなら、この見極めができる。

 

 アヒル指しの経験がなくても、大丈夫。

 カニカニ銀をマスターした後、勉強してみるといい。

 2つを指すことで、端角の感覚が身につくよ。

 

 『なんでも中飛車』にもある手筋だが、左香浮きがオシャレな手。

 振り飛車や端角を指すときの1つの必修手筋だ。

 

 馬を空成りさせるねらいが有名だが、実は端攻めへの備えでもある。

 端角を狙われたとき、香車を取られても、飛車で取り返す。

 さらに、それだけでなく、敵陣に飛車を成り込む手をねらっている。

 深い、深すぎる!

 

 本譜は、角切りがなさそうに見えるが、さにあらず。

 本家・児玉先生の棋譜を並べていたら、それを見極められる。

 

図2

f:id:Shouldgo:20180803211713p:plain

 

 銀を7筋へ回り込めば、解決!

 なるほど、後手の飛車が6筋へ回れば、部分的には受かる。

 しかし、せっかく相中飛車にしたのに、後手手損では不満だろう。

 

 それに今度こそ、5筋を殺到できるので、先手は大満足だ。

 具体的には、△6二飛▲5四歩△同歩▲4五銀と棒銀戦法の要領だ。

 6三の銀が動けば、端角や7五銀も活躍できるので、笑いが止まらない。

 

 というわけで、この場合の端角は成立する。

 

 

中央突破の気概

 

図3

f:id:Shouldgo:20180803212207p:plain

 

 ▲6四角と出た手に△6二飛が切り返し。

 

 ▲9一角成には、△6七飛成が来る。

 香得だが、玉の近くに竜を作られるのは、いくらなんでも気持ちが悪い。

 ▲6五歩もある手で、次の▲9一角成と▲5一銀の割り打ちを見せる。

 

 本譜は▲6五銀と打った。

 次に▲9一角成と、中央突破を見た重厚な一手。

 持ち駒を使って、基本の棒銀に出るわけだ。

 この戦法は何がなんでも中央を破る、一点突破の気概が求められる。

 

 私シュうぇッチマンが、初級者は棒銀戦法を後回しにせよというのは、ここにある。

 中飛車で棒銀を覚えたほうが、基本に忠実で楽しいからだ。

 

 

カマキリ桂

 

図4

f:id:Shouldgo:20180803212933p:plain

 

 カニカニ銀と思いきや、銀に続いて、お次は、桂2枚の中央突破。

 カニカニ桂、いやカマキリ桂とでも名づけておこう。

 もちろん、私シュうぇッチマンのオリジナル手筋だ。

 

 △7七角は常にある王手の筋。

 だが、これには▲4八玉とかわしておけばいい。

 左香を上がった効果がここで出る。

 

 

玉の早逃げ八手の得

 

図5

f:id:Shouldgo:20180803213432p:plain

 

 後手の馬の空成りには、先手あわてずちゃっかり竜で香を入手。

 △7七銀には、玉の早逃げが冷静。

 ▲5四歩と突きたいが、6六銀から二枚の角が働いてしまう。

  

 居玉で戦う場合は、どこかで玉を動かす感覚が必要。

 序盤で手抜いた分、ここで囲いに行くわけだ。

 

 

最後は7手詰め

 

図6

f:id:Shouldgo:20180803214311p:plain

 

※図面の訂正とお詫び

先手の持ち駒は角銀歩2、後手の持ち駒は金銀歩である。

 

 

 5六の銀に働かれる前に寄せるのが、最後のポイント。

 できれば4五銀と桂馬を外されたくないし、4七銀成の圧力もイヤだ。

 5六の銀を質駒としておき、寄せるのが正しい感覚。

 

 最後は7手詰めだ。

 しかし、5手詰めデータベースに登録する関係上、もう2手進めておく。

 

 以下、ネタばれ注意!

 次の一手は、

 

 

 

 

 

 

 

 ▲3一竜!

 

 竜はもっとも大事な駒。

 これを切るときは、下記3つのことを必ず確認してほしい。

 

 1 確実な詰みを読み切っている。

 2 玉を隅・端・下段に呼ぶ。

 3 守備駒をはがす

 

 せめて2つは満たしたい。

 今回は、3つの条件すべてをクリアだ。

 

 後手は△同玉の一手。

 

 さあ、ここからは5手詰めである。

 

図7

f:id:Shouldgo:20180803215125p:plain

 

以下、ネタばれ注意!

正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ▲4二銀△2二玉▲3一角△1二玉▲2二金までの5手詰め。

 

 初手▲4二角でも可。△4一玉なら▲3一金で早詰み。△2二玉なら同手順で、角を銀に変えれば大丈夫。

 4手目△3二玉でも▲2二金までの詰み。

 いわゆる並べ詰みというやつで、最後に金を残すのが基本中の基本。

 

 

 7手詰めのベースは、やはり5手詰め。

 この5手詰めが見るからこそ、飛車切りを決断できる。

 読みの裏づけなしに、雰囲気だけで切ってはいけないよ。

 

 

 夏休みに、一度、カニカニ銀で遊んでみては、どうだろうか。

 有段者が相手でも通用することは、私シュうぇッチマンが証明済み。

 というより、プロの実戦例もあるのだから、当然だ。

 

 ポイントは、とにかく中央を分厚く攻めるということ。

 攻めも受けも中央にかかっているのだから、二重三重に手厚く指す。

 そういう感覚を覚えるのに、カニカニ銀はうってつけの教材なのだ。

 

 

ピリ兵メルマガ!

www.mag2.com