「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【脳内将棋盤】畏れ多くも天野宗歩先生の『将棋精選』の盤面圖を校訂させていただきます!

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

暑中お見舞い申し上げます。

そして豪雨災害に被災したすべての方々に、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

 

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

  

 

天野宗歩『将棋精選』の盤面図

 

 

 東京の古書店には、すばらしい品がある。

 

 たとえば、天野宗歩先生著『将棋精選』という和綴本を初めて見た。

 昭和初期のものだが、心を動かされた。

 これまでは棋譜並べに一生懸命だったが、『将棋精選』オススメ也。

 

 恐るべきことに、ネット上でも見ることができる。

 国会図書館のデジタルライブラリで写真版が公開されているので、ご覧あれ。

 

将棋精選 : 新定跡 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 

 まず最初の盤面図に度肝を抜かれた。

 なんだ、こりゃ!

 

 9×9の盤面に、一字ずつ文字が割り当てられている。

 検索しやすいように、1一から9九までを改行せずに書くと、こんな感じ。

 

 いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうのくやまけふこえてあさきゆめみしひもせす京一三五六七八十百千萬花鳥風月春夏秋冬柳櫻松楓雨露霜雪山谷川海里村森竹草石

 

 9字ずつで改行すると、こうなる。

 

 いろはにほへとちり

 ぬるをわかよたれそ

 つねならむうのくや

 まけふこえてあさき

 ゆめみしひもせす京

 一三五六七八十百千

 萬花鳥風月春夏秋冬

 柳櫻松楓雨露霜雪山

 谷川海里村森竹草石

 

 一マス一字という発想からは、電撃を喰った。

 

 ただ、惜しむらくは、脱字が多いこと。

 「うゐのおくやま」が「うのくやま」になっている。

 「ゑひもせす」も「ひもせす」だ。

 

 「一三五六七八十百千萬」は、もはや意味不明。

 数字が入ると混乱する上、「二四九」の回避が混乱に拍車をかける。

 

 

ピリ将盤面図へ 

 棋聖自らの脱字なのか、後世のミスなのか。

 ともあれ、実用には向かない。

 

 というわけで、不肖シュうぇッチマンがアレンジしてみた。

 天野宗歩先生に朱筆など、はなはだ畏れ多いが、お許しを乞う。

 

 広く江湖に問うため、校訂の著作権はこれを放棄する。

 ただし、ご紹介のときには、細島みろく校訂版とお断り頂きたい。

 

 [校訂の方針] 

  赤字がシュうぇッチマン校訂したところ。

 ・いろはうたを復元した。

 ・数字の一桁代は、「一」を残して削除した。

 ・数字に「億」を加えた。

 ・旧漢字は新漢字に改めた。

 

 いろはにほへとちり

 ぬるをわかよたれそ

 つねならむう

 くやまけふこえてあ

 さきゆめみしひも

 せす京一十百千

 億花鳥風月春夏秋冬

 柳松楓雨露霜雪山

 谷川海里村森竹草石

 

 

 写経していると、そのうち「1一」などの記号を使わなくなるのかな。

 

 将棋好きのお子さんには、いろはうたを教えるのによいかもですね。

 そのとき、「ん」を外して「兆」を入れるかどうか悩んだので、補足ねがう。

 

 「ん」がないというお子さんがいたらいけないと思い、補筆。

 数字の上の位にも挑みたいというお子さんには申し訳ない。

 

 せめてもの罪滅ぼしに、命数法も、ここに記しておく。

 一十百千万億兆京垓杼穣溝澗正載極恒河沙阿僧祇那由他不可思議無量大数

 一、十、百、千、万、億、兆、京(けい)、垓(がい)、杼(じょ)、穣(じょう)、溝(こう)、澗(かん)、正(せい)、載(さい)、極(きょく)、恒河沙(ごうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由他(なゆた)、不可思議(ふかしぎ)、無量大数(むりょうたいすう)

 

 これの蘊蓄を述べ始めたら、止まらなくなる。

 子どものころ、これを覚えるのが好きだったから。

 なので、これを盤面図に組み込みたいが、原典も尊重した。

 

 まあ、億まで知っていれば、生活に困ることはほとんどないと今なら言える。

 

 

 

棋聖 天野宗歩手合集

棋聖 天野宗歩手合集

 

 

 

 

ピリ兵メルマガ!

www.mag2.com