「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【Pピリ将本編・再放送】はじめに

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

 

 

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

  

  

 

 

はじめに 

 

将棋は楽しい。

老若男女、棋力を問わずに、楽しむことができる。

 

もちろん、勝負事だから、強いほうが楽しいに決まっている。

ライバルに勝ったときの喜びは、それは格別だろう。

また、観戦するにも強いほうが深く理解でき、感動も大きい。

 

ところが、将棋で強くなるのは、なかなか容易でない。

どのくらい強くなりたいのかにもよるが、1つの目安は「初段」だろう。

 

ただの「初段」になるのも、かなり難しい。

「初段は誰でもなれる」という意見は、半分正しい。

だが、半分は間違っている。

 

初段になれずに悩み、もがき苦しんでいる人は確実にいる。

それに、「簡単になれる」というものでは、やはり、ない。

喉元を通り過ぎた人は、簡単そうに言うが、当人はそう思えない。

 

もっとも、根気強く、正しい方法で取り組んでいけば、必ず到達できる。

これも事実であるので、挫けてはいけないだろう。

 

将棋倶楽部24で「初段」になるのは、輪をかけて難しい。

いわゆる二、三段の棋力が必要なのではないだろうか。

 

将棋倶楽部24は、通常の初段とは別だ。

そして、このブログでいう初段とは、将棋倶楽部24の初段のことを指す。

 

もちろん、どなたでもお読みいただける。

が、主な想定読者は、たいたい3級~三段くらいの棋力。

将棋倶楽部24でいえば、中級タブ~上級タブくらいだろうか。

 

あの菅井竜也王位でさえ、上級タブでは少し足踏みしたという。

この蟻地獄で、初段になれずに苦しんでいる人は、きっと少なくないはずだ。

 

アマチュア棋士にとって、24初段は、とてつもなく高い壁である。

と同時に、とてつもなく高い理想であり、目標でもある。

 

かくいう私シュうぇッチマンも、顧みれば、それはそれは苦労した。

 

指しすぎて、Rの数値が0のどん底にまで落ちたことがある。

上級タブには進んで喜んだものの、中級との往復運動が続く。

上級タブに安住するようになっても10年近く足踏みという惨状を経験した。

1年前とレーティングが10ではなく、1も変わらない事実に仰天したこともある。

 

要するに、才能がないのだ。

若いころならばいざしらず、年齢と仕事の関係もあり、伸び悩む。

 

もっとも現在は、将棋ウォーズの勝率が8割以上。 

アマ三~四段、全国大会に出場するところまで来た。 

ちなみに、私シュうぇッチマンの本業は、別のジャンルのコーチ業。

将棋以外でも、「上達」というテーマと真摯に向き合ってきたつもりだ。

 

将棋に限らず、これまで多くの上達法、学習法が開発・発表されてきた。

それにもかかわらず、それらが将棋の世界で十分活用されているとは思えない。

また、将棋の世界で活用されるメソッドが一般の世界に知られていない。

 

そこで、それらの上達法を統合した、究極の上達法をここで探究する。

これまでの血と汗と涙の”クリスタリゼーション”が、皆さんのお役に立つと信じて。

 

企業秘密も、なるべくオープンにしたい。

羽生世代の台頭や将棋ソフト開発のキーワードが”オープン・ソース”だったように。

 

たまたま将棋なのであって、将棋以外に関心のある方にもお読みいただきたい。

勉学、資格、ビジネス、スポーツ、芸術などにも必ずや応用できるはずだから。

 

というより、そもそもは受験勉強法を発表しようと思っていたものを、

将棋の上達法にアレンジしたのがこのブログなのである。

 

断っておくが、ここに書かれることの中で「不可能なこと」は1つもない。

なぜなら、すべて私自身、もしくは教え子を被験者として臨床実験済みだから。

 

プロ並みの勉強を求めても意味がないし、理想論を羅列しても仕方がない。

少し背伸びすればできるくらいの加減が、ちょうどよい。

 

初心者には酷かもしれないし、プロには退屈なところも多いだろう。

もちろん、個別指導ではないので、人によって相性というものも、ある。

 

が、上位互換/下位互換も視野に収めて、すべての人に役立つように記すつもりだ。

「参考にする」という程度の読み方も、歓迎する。

 

このブログで、初段、あるいは将棋倶楽部24の初段になる人が出たら、うれしい。

将棋以外で成果を上げる人が出たなら、喜びを分かち合いたいと思う。

 

あるいは、初心者が異常に強くなったり、スランプのプロ棋士が再起したりする。

そんなミラクルが起ころうものなら、それはもう、望外の喜びである。

 

将棋に勝ちたい、人生で負けたくない。

そういう悔しい思いを胸に励めば、必ず上達できるし、成長できる。

このブログを読んで、そう思える瞬間を提供できるなら、著者冥利に尽きる。

  

いずれ、書籍化(電子、できれば紙媒体)することを、真剣に考えている。

(関係者の皆様、ぜひご一読の上、ご検討ください!!) 

  

 

 

 

 

NEXT 「さあ、君は『ピリ将』の本編を読破できるかな?」

 「本編」(全122話 2016年07月26日~同10月31日)

 過去の記事は、こちらから、どうぞ。

cixous5.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 このブログの「ピリギゃル」表記について

 

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

 

  

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

 

  

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 【表紙モデル写真〈カラー16点〉追加の電子特別版!】 (―)
 

  

私シュうぇッチマンは、いわゆるビリギャルの大ファンである。

このブログによって、ビリギャルがもっと読まれることを願っている。

そして、多くの高校生の希望になればと願ってやまない。

 

けれども、「ビリギャル」は、商標登録である。

たしかに、このブログは営利目的ではない。

だから、この語を使用しても問題ないと思う。

 

が、万々が一、ご迷惑をおかけしてもいけないので「ピリギゃル」とした。

もし、このブログが出版される暁には、お金をお支払いして、堂々と「ビリギャル」

表記を商標使用させていただくつもりであることを明記しておく。 

 

 

 

ピリ兵メルマガ!

www.mag2.com