「ピリ将」ピリっ娘が将棋倶楽部24で初段になる50の方法

期間限定で公開中。将棋で強くなるための上達法のあれこれ。難しい符号は極力なし。将棋以外にも応用できるので、ご愛読を。

【Pピリ将本編・再放送】棋譜並べ(8)うーん、ランダム!

将棋ブログ「リ将」

将棋倶楽部24(将棋ウォーズ)で初段になる50の方法

 

 

f:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plainf:id:Shouldgo:20180205143357p:plain

   

    

 

 ピリ将 リンク集

(1)ピリ将ブログ www.piri-girl.online
(2)続ピリ将ブログ www.piri-girl.work

(3)ピリ将ホームページ xn--rdk1bu28r.online
(4)ピリ兵メルマガ http://www.mag2.com/m/0001682448.html

(5)ピリ将シュうぇッチな本棚 https://tsumetsume5.hatenablog.com/

(6)ピリ将詰将棋データベースhttps://tsumetsume5.hatenablog.com/

    

  

総目次は、こちらから:

www.piri-girl.online

 

メールマガジンは、毎週水曜日刊行!

www.mag2.com

 

直接指導は、ホームページからお申し込みください。

xn--rdk1bu28r.online

 

 

 

 

【Pピリ将本編・再放送】棋譜並べ(8)

 うーん、ランダム!

 

 

 

書棚を眺めてみる。 

将棋戦型別名局集1 穴熊名局集

将棋戦型別名局集1 穴熊名局集

 

 

将棋戦型別名局集2 四間飛車名局集 (.)

将棋戦型別名局集2 四間飛車名局集 (.)

 

 

将棋戦型別名局集3 矢倉名局集

将棋戦型別名局集3 矢倉名局集

 

 

将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集

将棋戦型別名局集4 三間飛車名局集

 

 

将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編

将棋タイトル戦30年史 1984~1997年編

 

 

将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編

将棋タイトル戦30年史 1998~2013年編

 

 

『将棋世界』誌のバックナンバーや、近年出版ラッシュの棋譜集がずらっと並んでいる。

 

ここまでが以前の記事の引用だが、その後、本棚にはもっともっと増えた。

たとえば、戦型別名局集は、中飛車・横歩取り・角換わりが出た。

(相振り飛車出ないかな、向かい飛車出ないかな、出ないだろうな。。。

 相掛かりは?)

 

将棋戦型別名局集5 中飛車名局集 (将棋戦型別名局集 5)

将棋戦型別名局集5 中飛車名局集 (将棋戦型別名局集 5)

 

  

将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集 (将棋戦型別名局集 6)

将棋戦型別名局集6 横歩取り名局集 (将棋戦型別名局集 6)

 

  

将棋戦型別名局集7 角換わり名局集 (将棋戦型別名局集 7)

将棋戦型別名局集7 角換わり名局集 (将棋戦型別名局集 7)

 

 

もちろん、ここに挙げた以外にも、多くの棋譜集を揃えている。

当たり前だが、これらの棋譜をすべて並べることなんてできるはずがない。

第一、アマチュアには仕事がある。

 

忙しいアマチュア棋士には、仕事同様、いやそれ以上に「効率」が求められる。

さりとて、特定の戦法に偏った棋譜並べは、むしろ弱点を補強してくれない。

それでは、どうすればよいのか。

 

うーん、ランダム。

 

初登場のオヤジギャグを言っている場合ではない。「ランダム」がベストだ。

 

逆説的だが、選り好みを避けることが最もよい「選び方」だ。

はっきり言って、われらはアマチュア棋士。

プロ棋士の棋譜は、すべてはるか格上、極上の棋譜ばかりなのだ。

 

あるアマチュア強豪の言葉らしいが、「もっとプロ棋士を尊敬しなさい」は至言だ。

キリスト者でないが、「物乞いの気持ちになれば、感謝の気持ちが湧く」の心構え。

 

タイトルホルダーだろうが、若手だろうが、奨励会員だろうが、女流棋士だろうが、

どの棋士も、私シュうぇッチマンよりは格上、雲の上のお方なのである。

 

しかも、それらは、将棋ウォーズで10秒や3分切れで指している棋譜では決してない。

それなりの時間と費用が投じられて生み出された「商品=作品=芸術」なのである。

ならば、どの棋譜だろうが、勉強になると考えるのが当然の態度なのだ。

 

「棋士は棋譜しか残せない。」

佐々木勇気六段は、師匠の石田和雄九段のこの言葉が一番好きだという。

そして、石田和雄九段もまた、この言葉が一番好きなのだそうな。

 

そう、音楽家が楽譜を崇敬するごとく、棋士は棋譜を尊崇するものである。

 

このように考えてくると、選り好みなどは、プロの世界を冒瀆しているに等しい。

( と、ここまで書けば、プロの先生方も、恥ずかしい棋譜は残せまい。ニヤリ )

 

何を並べたらよいか。

この問いは、実は愚問であると私シュうぇッチマンは考えている。

 

たしかに、ある戦型を集中的に勉強することもあるだろう。

それを否定するわけではないし、私シュうぇッチマンもそういう勉強もする。

しかし、ランダムで選んだ1局を徹底的に骨の髄まで勉強する。

その方がはるかに収穫が大きいと信じてやまない。

 

思うに、アマチュアは戦型を学ぶより、大局観を鍛えた方が強くなる。

棋譜並べは序盤・中盤・終盤に隙のないバランスこそを養う。

だから、極論すれば、どんな棋譜でもよいという結論に達する。 

 

棋譜の選り好みは、初段になってからでも間に合う。

 

【本日のまとめ】

棋譜並べの棋譜は、選り好みせず、ランダムに選ぶべし。

 

 

 

 Twitterは @jhimawari001 です。

ブログなどの更新情報も流しています。peingにより、質問も受け付けていますよ。

https://peing.net/ja/jhimawari001